ツキの大原則

□□□□□□□□□□□□□□□□□
あなたもできる!朝活読書。

vol.236  2011年5月8日配信

『ツキの大原則』

□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼《1》今日の一言

▼《2》今日の一冊

▼《3》編集後記

―――――――――――――――――

▼〈1〉今日の一言 #236

「あなたにとってツキとは?」

―――――――――――――――――

▼〈2〉今日の一冊

『ツキの大原則』

西田文郎 著

現代書林

アマゾン
http://t.co/CByvdfw

楽天
http://books.rakuten.co.jp/rb/1388957/

———————————-
著者 西田文郎さんは1949年生まれ。
イメージトレーニングの研究、指導者です。

ツキと言うのは脳の習慣だと
著者は説いています。

 

ちゃんと支払われた給料の事は忘れてしまっても
支払われなかった給料のことは良く覚えている。
そんな例がありました。

そういう習慣を変えてゆくことでツキが見えてきます。

 

「努力しよう」「がんばれ」に含まれている
ネガティブなメッセージがあります。自分では
気が付かないうちにマイナス思考が
構築されてゆきます。

 

「プラス思考」になろうと努力している方は
今すぐやめてこの本を読む事をおすすめします。

 

●この本を一言でいうと

 

「治療」です。

 

●おすすめのポイント

 

今うまくいっていない事、
仕事、お金など不平不満を持っている方は
世の中にたくさんいます。

 

これは一種の病気だそうです。

この病気を直し健全な物の考え方を
する方法が具体的にまとめられています。

 

欠点を治そうと努力することを脳が不快と
感じてしまたら100%報われることはないそうです。
ところが世間ではこれを尊い努力だと評価します。

鼻をつまんで息を止めて苦しんでいるけど
何の役にも立っていないという状態に近い気がします。

 

ツキをよくすることは社会貢献し
人生の喜びを感じる事と同義語です。

ぜひ読んでください。

―――――――――――――――――

▼〈2〉編集後記

―――――――――――――――――
今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

 

肩こりや腰痛など有るのが正常と思う方は
あまりいないですよね。

健康な状態に比べて具合が悪いと思っている
のでは無いでしょうか。

 

ところが心の中や考え方というのは
出来ないところから努力してなにか
作り上げようと考える方が多いように思います。

そういう傾向は私も同じです。

 

人間関係やお金、仕事などもうまく
循環しているのが健康です。
なにか不具合を感じていたらこれは
一種の病気です。

 

病気を治すのと努力して何かを作るというのは
発想が全く違いますよね。

能力をフルに使えるのが本来の姿なのか
何もしないのが本来の姿なのか
決めるのは自分次第ですね。

「あなたにとってツキとは?」

 

西田文郎 現代書林 2001年11月
売り上げランキング : 9832

by ヨメレバ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される