歎異抄

歎異抄 (岩波文庫)/金子 大栄
¥420
Amazon.co.jp

□□□□□□□□□□□□□□□□□ 
あなたもできる!朝活読書。

vol.241  2011年5月13日配信

『歎異抄』


□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼《1》今日の一言

▼《2》今日の一冊

▼《3》編集後記

―――――――――――――――――

▼〈1〉今日の一言 #241

 「あなたにとって仏とは?」

―――――――――――――――――

▼〈2〉今日の一冊

『歎異抄』

金子大栄 校注

アマゾン
http://t.co/dGm3HRZ

楽天
http://books.rakuten.co.jp/rb/57067/

———————————-
親鸞聖人の弟子であった唯円さんが記したと
推測される仏教の書です。

親鸞聖人の入滅後、著者が直接習ったことと
異なる説の流布への歎きと自身の解釈
がつづられています。

薄い文庫本で本文50ページ強のものなので
通勤中でも読むことが出来ると思います。

校注者は「重きを注釈に置かずに、深く本文に
親しまれんことを望むのである。」

また著者は本文でこういっています。

「経釈をよみ学すといへども、
聖教の本意をこころえざる条、
もとも不便のことなり」

誰かが解釈をしたものでなく
読者が自分自身で感じ取ること。

これが歎異抄の著者の
望むところではないでしょうか。

●この本を一言でいうと

「目くじら」です。

●おすすめのポイント

新しく出てきた、または著者の修業時代には
無かった考え方という物を例にだし
本来の教えははこうではないかという解説が
されています。

変わっていく過程にどんな摩擦が有ったかを
知ることが出来ます。

現代のお寺経営批判とも読める内容です。

また著者自身が解釈した仏教は
多くの人が生活に生かすための
考え方なので仏教に興味のない方にも
おすすめです。

ぜひ読んでください。

―――――――――――――――――

▼〈2〉編集後記

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

お経の意味を解釈し検討する学問的な考え方、
お布施の多少によって成る仏がちがう、
「本願ぼこり」信心しているからなんでも許される、

まあこんな考え方は違うんじゃないかな
という事が綿々とつづられています。

矛盾と言う事を考えてみると
ずいぶん昔に見たテレビドラマの
一説を思い出しました。

父親を目の前で殺された娘は
犯人を恨み続け、その咎で地獄に落ち、

殺した犯人は宗教に帰依し
救われて出所し浄化されて天国に行く

「どちらが善人でどちらが悪人か」と
刑事が歎くシーンだったと思います。

「人は生きるために何でもする」
という内容の文が有ります。

昨日した全ての事が、
今日、生きているために
必要だったことだと考えてみると
嫌だと思ったことも一種の栄養だとは
思えないでしょうか。

「あなたにとって仏とは?」

←空メールで登録できます。

古典の壁をなくしたい方におすすめです。
http://ameblo.jp/kotsudzumi/entry-10836773647.html

アクティブ・ブレインセミナー

facebookファンページ作りました。

▼おまけ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される