ら抜きの殺意

ら抜きの殺意/永井 愛
¥1,575
Amazon.co.jp

□□□□□□□□□□□□□□□□□ 
あなたもできる!朝活読書。

vol.243  2011年5月15日配信

『ら抜きの殺意』


□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼《1》今日の一言

▼《2》今日の一冊

▼《3》編集後記

―――――――――――――――――

▼〈1〉今日の一言 #243

 「あなたにとって弱みとは?」

―――――――――――――――――

▼〈2〉今日の一冊

『ら抜きの殺意』

永井 愛 著

而立書房
———————————-
著者 永井愛さんは1951年生まれ。
桐朋学園大学演劇専攻科卒、
劇団二兎社の主宰者です。

1997年12月5日~11日まで
紀伊国屋サザンシアターで上演された
舞台の台本です。

●この本を一言でいうと

「宗論」です。

●おすすめのポイント

上演台本ですから完全に話し言葉です。
通販会社「ウェルネス堀田」を舞台にした
「ら抜き言葉」によって起きる人間模様を
えがいたお話です。

「ら抜き」に敏感に反応するアルバイターおじさん
海老名さん、なんでも「お」「ご」を付ける
遠部さんなど個性的なキャラクターが
登場しそれぞれの言語観を主張します。

舞台を想像しながら読んでも楽しめますし
身近な人を重ね合わせても
面白いと思います。

著者 永井さんはこう語っています。

”敬語はしょっちゅう間違えてつかい、
時々の流行語は
面白がって取り入れてきた私が、
「ら抜き言葉」にだけ
抵抗感を覚えるのはなぜだろう。

「ら抜き」言葉は一時的に
やって消えてゆくような
ものとは違う。多くの人がごく自然に
受け入れつつある言い回しの変化である。”

この戯曲の中で起きていることは
社会の縮図かもしれません。

ぜひ読んでください。

―――――――――――――――――

▼〈2〉編集後記

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

先日バスの中でかなり年配のご夫婦の
後ろに座りました。

「○○ちゃん来週来れるかしら」
「来れないだろー」

こんな会話が聞こえてしまいました。
あと15年もすればら抜きの方が
定番ではないかと予想しています。

「ら抜き言葉ー
かつて誤用とされていた文法の一種」

こんな解説をされる日は
たぶん近いでしょうね。

私たちの孫が小学生になるころには
ら抜きが定番と言うのも
不思議な事ではありません。

それほどに祖父母の世代と私が学校で
受けた教育は変化しています。

「あなたにとって弱みとは?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される