【シュタイナー学校の数学読本】ベングルト・ウリーン 著

□□□□□□□□□□□□□□□□□

毎日1分!朝活読書。

vol.297  2011年7月8日配信

『シュタイナー学校の数学読本』

ベングト・ウリーン 著

丹羽敏雄 森章吾 訳

ちくま学術文庫

□□□□□□□□□□□□□□□□□

「数学を学ぶことによって各人の魂の器官の1つが

浄化され、生命の火を点じられることになるという

この点なのです。」(プラトン)

本文より
▼「食わず嫌いありますか?」

自由な教育理念をかかげるシュタイナー学校の

中学、高校での数学教育の一例を紹介した本です。
確率論、代数などをどのように伝えているかが

12章にまとめられています。
ピタゴラスの定理、フィボナッチ数列とピアノの調律、

魔方陣の作り方など今なら非常に興味のわく内容が

満載です。
音楽をしている方や占いに興味のある方、

直接ではありませんが、見ればばっちりわかる

貴重なヒントが含まれています。
ぜひ読んでください。

_____

▼編集後記

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

実は数学には興味があるものの

それほど得意ではなかったですし、

高校を卒業後もうすでに25年以上たっています。
ただ面白そうなので暇なときに

手に取って本を手になじませていました。
最初からわかるとも思っていないことと

456ページの文庫本という大きさが、

本をめくる練習にちょうど手ごろで

目に入ると一回はパラパラ往復していた

ぐらいの本でした。
昨日の「宿曜二十八宿秘密奥義伝」と

九星気学、四柱推命などを

ここ数日読んでいたのですが

昨日開いたこの「数学読本」の例題に

「おおお!」というヒントを見つけたので

周辺の問題2,3問してみたら

面白くなってしまいました。
プラトンのが数学を学ぶことによって

「魂の器官の一つが浄化される」

と言っているのは

「考えが整理されてモヤモヤがなくなる」

という事だと解釈してみると理想論でなく

非常に実践的な考え方だと感じました。
「食わず嫌いありますか?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される