知ると楽しい能楽の世界

  1. 能の言葉
  2. 5 view

依頼主は?【熊坂】

おはようございます!

能楽師 森澤 勇司です。

心にしみる能の言葉を

厳選してお届けします。

「受け喜ばば、それこそ主よ、ありがたや」熊坂より

突然現れた男に

お経を上げてくれと頼まれた僧は

相手の名前がわからないと

お教があげられないと答えます。

その男は、名前は名乗らなくても

受け取って喜ぶ人こそ

依頼主ではないかと言います。

自分の話す言葉、行為

どんな人でも

◆誰かの役に立っています。

本日も素晴らしい1日をお過ごしください。

The following two tabs change content below.

森澤勇司

重要無形文化財能楽保持者 20歳から能楽界に入る 43歳で脳梗塞の後 リハビリのため記憶の仕組み、心理学を学び復活 47歳で重要無形文化財「能楽」保持者に選出される。

最新記事 by 森澤勇司 (全て見る)

能の言葉の最近記事

  1. いざ鎌倉!【鉢木】

  2. ちょっとのつもりが【女郎花】

  3. 憎さ100倍!【鉄輪】

  4. 意味よりも大切なもの【井筒】

  5. 面白いの語源は【三輪】

関連記事