123代 大正天皇 多摩陵

八王子能楽体験教員セミナーが昼からなので

早めに家を出て武蔵野陵墓を尋ねることにしました。

祖父母は明治生まれだったことや明治維新は何かと話題になるので

明治のものは目にすることが多いものの対象という時代は自分には

あまり馴染みのない時代です。

といっても大正がなければ昭和も平成もない貴重な時代だということは

いつの時代も同じです。

文化庁委託の仕事の前に気を引き締めるために参詣いたしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される