第42章 退院後に待っていたもの

第42章 退院後に待っていたもの

退院後、1ヶ月は休養するということだったが心配していただくかたからの朝と夜のメールと電話で精神的に参っていた。

 

【具体的内容】

 

退院して1ヶ月は自宅療養ということでその月の舞台も代役をお願いし休養することなった。

 

このときはの夜討ち朝駆けの電話で疲弊してしまった。

 

病院で19時に消灯だったこともあり家に帰ってからも早く寝るようにしていた。

 

そこからが、毎日のように7時と21時に電話がかかってくる。メールに返事をしないと電話がかかってくる。次の月の舞台は大丈夫なのかと毎日同じ質問をされる。

多くの人に心配をかけていたのだが、このときは本当に静かに止まっていたかった。気持ちはわかるのだが、それに応えることも憂鬱に感じられてしまい何でもないことに悪意を感じてしまったり、動きたくないのにイライラしていたり体調とともに精神もおかしかった。

 

このときに困ったのが大丈夫かと聞かれた時の返答だった。大丈夫だと思って無理していて入院した訳なので自分では全くよくわからない。寝ていれば起きてもいいかとも思うが、起きれば走ったり入院前のように元気ではいられない。

自分で判断できるようなものでもなく「絶対大丈夫か」ときかれても「大丈夫だと思います。」としか答えられなかった。不誠実だと思いながらもこんなことが毎日続いていたのでとにかく動かないでいたいと思っていた。このときは半としで21キロ一気に減ったので体力的にも精神的にも参っていた。表側の皮がぶよぶよしていて着ぐるみを着ているような感じだった。

 

そのときになんの気まぐれか松濤から千駄ヶ谷まで歩いて行くというのでとろとろとした足取りでついて行った。

 

そのときに、入院費用はどうした、高額医療費や保険は下りたのかなどひたすらにお金のことを言われた。

 

こんな状態だったのでもうやめようかとも思っていた。

どうしても出かけなければいけない用事があり、人生最大ともいえるトラブルを起こしてしまった。

家に帰ると元妻と一歳になる娘が実家から送られた着物を着る練習をしていた。「もうやめようと思う」といったらふたりで「おめでと~!!」という言葉に涙があふれてきて犯罪者として今生を終わらせることはやめた。

 

【感じたこと】

 このときに叫ばなければ道ばたで自分の頭を打ち付けて頭が割れるまで自分を痛めていただろつと思う。

【 気づき 】

 

 このときは元妻も自分がどうなっても受け入れてくれていた。これだけならきれいな話だが、実際にはFXで大金なくしたり、酔って帰ることも多く、すでに離婚を決めていたのかもしれない。自分が家族のために耐えるところは耐えようと思っていた反面自分勝手な行動を繰り返し今になってみれば自業自得としかいいようのないだめ思考だった。

 

【 学 び 】

 

 ほんとにこれからしばらくは、よいこと、悪いことが交錯しぐちゃぐちゃになっている。誠実に生きなければ最終的に人生はよくならないと身にしみてきたが、これでもまだ生活は完全によい人間にはなれていない自分が情けないくらいだった。表面的には何もなかったように淡々と舞台を勤めていた。どんないきさつがあっても評価されるのは舞台上の自分だけだということを痛感した。

時間という死刑執行人に任せて、恨みの感情を手放す。感謝だけを残す。

このときに人としてどう生きるかということを全く自分の中に欠如していた。そのためのイエローカードが脳梗塞だったと思う。ゲームオーバーにならなかった。まだやり残していることがあると思ったが、こ夢希望という感覚は全くなかった。

舞台を勤めると帰って2日寝込むような状態だったのでとくにかく静かに休みたかった。

感想いただけると嬉しいです
The following two tabs change content below.
森澤勇司(もりさわゆうじ) 能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される もっと詳しく知りたい方はこちら