第43章   いのちの電話

第43章   いのちの電話

誰にも相談できない!!

43章は「自分で決めないと他者に決められるそんなことを実感した体験です。

退院後に待っていた物が渡りきっていてもあまりにも耐えがたくなってきました。健康でもきついことは体力も気力も無くなっているときには何倍にもきつく感じられる物です。そうなってくると頭に浮かんで来るとはこの世からどう消えるかと言うことばかりです。頭にチラチラと自殺したほうがいいかとも思いはじめていました。迷惑がかからないようにどうすればいいのか、もう何もかも放り出して後のことは胴でもよく死んでしまうか。もう少し待って体力が戻ればなんとか生きられるだろうとかいろいろなことが頭を巡っていました。

 

日々のストレスは強くなっていきました。しかし内情の話を聞いてもらえるような人も思い浮かばず。親しい人には心配はかけたくない。懇意にしている人は同じ話ばかりになる訳です。私の話に誰かの人生の貴重な時間を奪えない。まして能楽界以外の人に話をして私がいる能楽の印象が悪くなることはさらに望まないことでした。このときは弁護士さんにも相談した方がいいと思っていいましたが、なにをどうしたらよいか頭の中はぐちゃぐちゃになっていました。しばらくしてこの混乱はピークになってきます。このままでは誰かが傷つくと危機感と恐怖を感じるようになりました。私は思い切ってい「いのちの電話」に相談することにしました。

いのちの電話に頼ってみる

「いのちの電話」のポスターを見た記憶はありました。緊張しながらも電話をしてみました。さほど待つこともなく相談員さんにつながりました。自分を正当化するだけでは問題の本質では無いと思っていました。できるだけ事情だけをつたえて、いまの苦しい状態をどう解決していけばいいのかそんなことを考えながら心情を話しました。

「特殊の世界だからそれは普通のことではないのですか?」「つづけるなら頑張って」という言葉だけが記憶に残っています。なかなか個人の苦しみをわかってもらうのは大変なことだと思った。「特殊な世界ですからいろいろあるでしょう」と言われ伝わりづらい職業だなと話す気もだんだん無くなってきました。明確なスッキリした状態にはなりませんでした。それでも結果として私はこうして生きているので感謝すべき時間になりました。

 

ここから学んだことは悩んでいる人には「特殊な世界ですから」という言葉は言わないようにしようときめました。なんでもこの一言ですんでしまう。プロ野球選手でもプロレスラーでも音楽家でも「特殊な世界ですから」それで自殺しちゃってる人も多いと思うし、国立能楽堂の研修生でも公式ではないが二人自殺に近い死に方をしている。「特殊な世界ですから」、刃物より怖い言葉だと思いました。

 

ここまで読んでいただいた方には申し訳ないのですが、劇的な一言で開眼したようなことはありませんでした。なんともスッキリしない宙ぶらりんな感覚がしていたことも事実です。こんなモヤモヤした感じも、しばらくしてだいぶ考えが変わってきました。ストレスとは目指すところの高さによって変わるのではないかと頭に浮かんで来たのです。

目標を高くすればストレスは消える

後日、子どもの時に好きだった「タイガーマスク」の主題歌が頭を流れてくることがありました。虎の穴で逆さ吊りで腹筋してたり、不意打ちを食らったり「ちびっこハウス」のために戦っている。この物語は子どもながらに琴線に触れるものがあったのを思い出しました。そしてストレスは、目標を上げろというサインなのではないかと思うようになりました。

 

一流のプロ野球選手になろうと思えば、罵声もしごきも成果につながるのなら積極的に受けて「お願いします!」といえる。公園で適当に遊ぼうと思っている子たちにフォームが悪いとか、素振りを1000させたらいじめでしかない。一流の選手は強制されるでもなく自ら負荷をかけてトレーニングをしている。

 

そんなことを思うと、自ら負荷をかける稽古が弱くなっていたのだと痛感した。それなので外側からの圧力があると考えるようになりました。人格的にも技術的にも崇高なものを目指すという目標設定をする。そうすることで日々刻まれる痛みにも耐えられるのではないか。もしかしたら、痛みとすら思わなくなるかもしれない。すぐに自分の考えを改めた。自分のシナリオを万年発展途上の人から、一流のプロだったが何かの拍子で記憶を失った人という設定に切り替えた。なかなか面白い人生設定になった。どんな方便でも人それぞれ。自分の人生は自分で決めないと自動的に他者に決められる。そんなことを学んだ体験になりました。

 

次は「第44章 野菜自給生活」です。

楽しい思い出、失った時間はどう感じる物なのか、、

感想いただけると嬉しいです
The following two tabs change content below.
森澤勇司(もりさわゆうじ) 能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される もっと詳しく知りたい方はこちら