第44章   野菜自給生活

第44章   野菜自給生活

ベランダでゴーヤをつくってみた

44章はなくした物より乗り越えた経験が良い思い出になるという体験です。

かねてから庭で野菜自給できたらいいねと家族で話していました。引っ越す前下落合にすんでいました。そこには腰の曲がったターシャチューダーのようなおばあさんがいたんです。毎日、お庭で季節ごとに庭の手入れをしていました。広い庭があったらいいなあと思っていました。
 
その後、練馬に引っ越しました。近くに畑はたくさんあり、ロッカーでの直販もありました。私のところではプランターでゴーヤを作り始めました。小学生の時以来プランターで植物を育てたのはかなり久しぶりでした。自家製のゴーヤをとってすぐに食べられるのだけでも感動的でした。
 
そんなある日東京都の事業で農家が農業体験として区画を貸してくれることになりました。区の農園のように土地を貸すのではなく、農業体験をする研修です。その研修区画でできた農作物は持ち帰ってよいという建前でした。やることは家庭菜園なのですが資材も指導もあり3m×10mの土地に1年で30種類の野菜を作るという初心者にしては本格的な農園体験でした。これは申込みしかないということで当選の日を待ちました。

あったった!!

野菜自給生活が始まる

材料も種も育て方も研修もあり、歩いて5分という好立地で野菜30種類を作る生活。10億円くらいあって土地と家を買って引っ越さないと出来ないと思っていたことが思いがけずできる事になりました。

そんなときに3.11の大震災がありました。放射能のことなど心配は多かったがのですが野菜自給生活が始まりました。
 
少し前に10億円あったら生活どう変わりますかという質問をされたことがあります。そのとき思ったのは「今すんでいるマンションが自分のものになって、畑ができる土地をもって野菜自給して生活したい」そんな風に思っていました。

都心のタワーマンションに住んでという人もいるでしょうし一軒家を建てるという人もいるかもしれません。生活レベルというのは、その人の望んでいることである程度以上に収入が増えても変わらないんじゃないかと思った物でした。近所の大地主さんも泥だらけで畑作業しているし、所有財産と生活水準は好みによるものだと思うようになりました。理想を持って発想を豊かに柔軟に生きる。そんな生活をすることが幸せかもしれないですね。
 
引っ越してから何度も前を歩いている場所が、ある日、自分の庭になる。これはほんとに楽しいことでした。家族で自家菜園をすることも念願叶いました。娘も一緒に畑の作業が出来たのは人生最高の思い出です。ちっちゃい手ではさみをもってピーマンのへたを切っていたのを思い出します。このあとしばらくは野菜をスーパーではなく畑に取りに行く生活ができました。

今から思うと遠い過去のように思えますね。戸塚の稽古に行くときは娘も大体一緒でした。パンも焼いて、畑でできたじゃがいもとベランダのゴーヤでサラダを作りサンドイッチにしていったのが良い思い出です。

つらかったことを思い出すのは楽?

元妻が楽しいと行っているので、ひとりで畑作業させてしまっていました。もっと一緒に何かして、話もよく聞いてあげられればよかったのだと思う。人生の中で幸せを感じる時間があったことだけでも感謝しなければいけないと思います。

ここで第44章ですが、ここまで自分史を書いてきてみるといやだったことはもう感情が枯れている物が多いです。出来事としての記憶はあるが感情はさほどよみがえっては来ない。きつかったときから見れば今は幸せなわけで次の日はもっと幸せになろうという希望が持てる。
反対に、幸せだった時間を思い出すのはほんとにきつい。幸せな時間を思い出すというのは失ったものをもう一回失うようで思い出した後は今はなくなった事実を受け止めなくてはいけない。そんなことにもなれていこうと思ってこれを記しています。心の引き出しに入っていて出すこともなかった宝物ではあります。これは記しておきますが自分で読み返すことは何度も無いと思います。誤字脱字があってもそのままです。

つぎは人生の最後の最後に思い出せばよいかな。過去を思い出すのは悪いことの方がらくです。悪い出来事があったと語る人が多いですが、本当は乗り越えてきた話なんですよね。転落した話ではない。なくした物より乗り越えた経験が良い思い出になります。

次は「第45章 社会勉強でセミナー通い」です。
心療内科にいって薬を処方された私は、別な方法をえらびました。それは、、

感想いただけると嬉しいです
The following two tabs change content below.
森澤勇司(もりさわゆうじ) 能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される もっと詳しく知りたい方はこちら