第46章   離婚

第46章   離婚

経済的理由が大きかった。舞台で留守のときに引っ越しをしていた。相手の名誉にも関わるのでいきさつは詳しくは触れない。後に親権などの条件もふくめ協議離婚が成立する。

 

【具体的内容】

入院後舞台の依頼数は約半分になった。また目白、四谷、戸塚と三カ所で開催していた伝統文化子ども事業も会長平山郁夫氏の死去とともに事業仕分けで廃止になった。そこに自分の脳梗塞、師匠への慰謝料と経済的には困窮の極みだった。

 

 

妻が実家に帰ることになった。体調不良とのことだったがふとしたことで別名のブログを見てしまった。

 

そのブログを読むと、半年前からwifiを準備し、住民票を移し準備している様子が赤裸々に語られていた。

 

全部読んでいたらあるときに「アクセスが増えた」という記事が投稿されなんとも情けない気分になった。

その後、群馬県の家庭裁判所に円満調停を申し出ていたが、離婚しないと娘に併せないということで、円満調停を取り下げ、離婚調停に切り替えて離婚した。

若い女子がやってきて事務の人かと思ったら「裁判官です」ということで最後の離婚成立がすんだ。「離婚届書かないんですか?」ときいたらここは裁判所なので離婚の判決が出れば離婚成立です。といわれなんともあっさりしたものだと思った。

その後約束通り、2ヶ月に一回面会ができていたが。3回目で体調が悪いといいて中止になって以来、連絡が取れなくなってしまった

その後二つ近況を知るきっかけがあった。

一つは、倫理法人会の合宿に参加したときだった。元妻の実家の近くの会長さんが同室だった。最終日の片付けが済んで部屋に二人になったので元妻の実家が太田市だという話をした。さらっと離婚ご連絡が取れないということを話してみたら「なんてお名前」ときかれたので元妻の実家の名前と住所を言ってみた。そうしたら驚くことに一見挟んで隣に住んでいるということだった。「赤い車が止まってませんか?」ときたら「あのちっちゃいお嬢さんが娘さんですか」という話になり義理の父とも町内会で掃除をしたりすることもあるときいた。

もう一つは2年ほど前、Facebookで知らない女性から連絡があった。知り合いということだったが、すぐには信じられなかったので娘の写真を送ってくれるように頼んだら2枚送られてきた。それから何度がメッセージが来たがしばらくしてアカウントがなくなってしまった。

【感じたこと】

争うよりも自分の生活態度を改める必要があると感じた。

【 気づき 】

 そんなに遊び回ったりしているわけではないが、根本的に人の徳とか情というものが薄いように感じている。

 

【 学 び 】

 自分の性格的なものをしっかりさせなくては何も変わらないことを学んだ

感想いただけると嬉しいです
The following two tabs change content below.
森澤勇司(もりさわゆうじ) 能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される もっと詳しく知りたい方はこちら