第48章   初出版『ビジネス版「風姿花伝」の教え』【47歳】

第48章   初出版『ビジネス版「風姿花伝」の教え』【47歳】

突然決まった出版の話

病院入院中に思いついたことをノートにメモしてました。そのひとつ「本を出す事」が急に実現します。

 

ラーニングエッジさんの会員クラブで一緒だった方から連絡が入りました。外交官の関係者が日本文化に関わっている人を探しているという連絡でした。退院後引きこもりがちになっていたのと、懐かしさもありなこともあり出かけていくことにしました。 銀座のアルマーニビルのカフェでその方と三人で会うことになりました。

 

 能楽の話をするうちに本は出してないのかという話になりました。彼らの知り合いの出版関係者を紹介してもらうことになった。数日後改めて同じ場所で会うことになり紹介していただいたのがこのときの出版を手伝っていただいた高橋さんだった。そのときの私には特別企画なども持っていなかった。

 

能楽の話をして「簡単でいいのでプロフィールをください。」ということになった。数日してマイナビさんで著者を探しているという連絡が入り紹介していただくことになった。

 

待ち合わせ場所に出かけていった。企画書を持ち込む話は聞いていたこともあり、面談してあとに企画書から自分で作る物だと思って「ご紹介いただいたのですが特別企画書はもってないんですが、、」と伝えた。超訳の「風姿花伝」を作りたいので著者を探しているという話だった。その企画は面談した副編集長が暖めているものだそうで会議に通ったらまた連絡しますということで一回目の面談は終了した。

 

営業の会議も通ったという連絡が来て2回目の打ち合わせにった。タイトルと目次案の打ち合わせをしてターゲットの読者は副編集長から私にしてくださいと言われたのでその通りにした。ライターをつけると別途費用がかかるという話もあった。自分で書いてみたいという希望を伝えサンプル原稿を送ることになった。

 

雑誌の取材、講演会等、新書一冊でもずいぶん声がかかるものだと感心した。しかしながら、本を売るための勉強をしていなかったのは自分の想像が足りなかった。書くこと以外なにも知識がなかったので初版のみで重版はなし。コンサートチケットなどは満席が見えているので期日と販売枚数を照らし合わせて進めるが、本を売る感覚がつかめていなかったことは想像不足だった。この経験を踏まえて2冊目を出版の際にはよくよく準備をして最善を尽くしたいと思っている。

 

ご縁から本は出せた。2冊目の本を出してみたいと思ったとき各所で1冊目が売れていないと2冊目は出せないという話をきいた。安易にできた実績の影響は大きいものだと思った。本は2万冊くらい買っていると思うが、普段本を買うお客さんになってしまって売る側のことはとんど知らないということに気づいた。このときに学んだ最大のことは「伝わる日本語」への意識だった。「極める」と「究める」など原稿の場所事に使っている字が違うと質問されて理由を聞かれる。これが自分の思い込みだったり、こだわりだったり、原文そのままの引用だったりと日本語に向き合えたことは大きな財産になった。何事もありがたい経験です。

 

次は「第49章 読書の習慣化」です。

一章に一度は読んでおきたい本はやはり通読しておきたいのです。

感想いただけると嬉しいです
The following two tabs change content below.
森澤勇司(もりさわゆうじ) 能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される もっと詳しく知りたい方はこちら