Category
革の補修
森澤勇司です。 小鼓の革は、 100年以上の間 使うので小さな破損は 補修しながら使います。   漆を扱うこともあります。 その際に気をつけることは 本物の漆を使うことです。 現在は漆といっても 代用品のカシュ...