陰翳礼讃

□□□□□□□□□□□□□□□□□ 
あなたもできる!朝活読書。

vol.219  2011年4月21日配信

『陰翳礼讃』


□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼《1》今日の一言

▼《2》今日の一冊

▼《3》編集後記

―――――――――――――――――

▼〈1〉今日の一言 #219
 
 「あなたにとって光とは?」

―――――――――――――――――

▼〈2〉今日の一冊

『陰翳礼讃』

谷崎潤一郎 著

中公文庫


http://t.co/7yxP6UH

———————————-
著者 谷崎潤一郎さん(1886~1965)は
『痴人の愛』『春琴抄』『細雪』など
数々の名作を執筆した日本を代表する
文豪です。

生活の中の様々な「かげ」という物に
スポットを当てた一冊です。

建築の中の照明や、紙の色つや、
また能や歌舞伎などについて影という物の
公用が考察されています。

太陽光と同じ効用を照明に求めている
現代人に新たな視点を与えてくれる
と思います。

●この本を一言でいうと

「あかり」です。

●おすすめのポイント

現在、節電で駅や街などの
照明が暗めですが、この暗さとは
何なのかを考えるきっかけ
になると思います。

陰とは「シャドー」ではないという事を
前提にしないとただ
「薄暗いのは風流」といった
解釈になると思います。

積極的な照明の調整と言っても
良いかもしれません。

●生活への活かし方

建築や芸術における陰翳という箇所は
この本の中ではスポットが
当たった明るい部分です。

「陰翳礼讃」この本の陰の部分に
意識を向けてみてはいかがでしょうか。

ほとんど話題にされませんが、
この本では最後の「厠のいろいろ」
という章以外にも

「厠」「便所」が良く出てきます。

実は「厠」「便所」トイレの質感や
居心地に目を向けてみると陰翳礼讃の
感性を発達させることが出来るのでは
ないでしょうか。

ぜひ読んでください。

―――――――――――――――――

▼〈2〉編集後記

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

「陰って何色?」と聞かれると
「灰色」とか「黒」と答えてしまい
そうではないでしょうか。

「黒い影」「陰が有る」

真っ黒でなくても桃色のイメージは無いですよね。

「近代の都会人は本当の夜と云うものを知らない。」

と谷崎潤一郎さんは語っています。

最近では宇多田ヒカルさんの「前は明るすぎた」と
いう発言をきっかけにこの「陰翳礼讃」
を読んだ方も多いもではないでしょうか。

蛍光灯や照明器具を造るメーカーは
「太陽のような明るさ」や「昼間とおなじ」
という所をめざしてきたのです。

この「陰翳礼讃」を読んでまず
頭に浮かんだのはこんな事でした。

「シチューは薄めても味噌汁にはならない」

ブログにつかう文字の色を選んでいても
#000000は強い色なので使いにくい
場合がよくあります。

#f8f8f8や#c6c6c6など「真っ黒」でない色を
選んだり読みやすい色も考えてみるのですが、
どんなに頑張ってもモニターの
光の色でしかありません

それなのに空を見ていると
この色は「#??????幾つかな」
と考えている事が有ります。

今日の窓越しから見た空は
「#F8FFF0」という感じでしょうか。

モニターで見ると暗い色ではありません。
でも空は暗く感じます。

不思議ですね。

こんなことを続けていると自分が
明るいと思っているのは「何色」なのか
知るための参考になります。

「あなたにとって光とは?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される