地獄の季節

地獄の季節 (岩波文庫)/ランボオ
¥504
Amazon.co.jp

□□□□□□□□□□□□□□□□□ 
あなたもできる!朝活読書。

vol.239  2011年5月11日配信

『地獄の季節』


□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼《1》今日の一言

▼《2》今日の一冊

▼《3》編集後記

―――――――――――――――――

▼〈1〉今日の一言 #239

 「あなたにとって地獄とは?」

―――――――――――――――――

▼〈2〉今日の一冊

『地獄の季節』

ランボオ 作

小林秀夫 訳

アマゾン
http://t.co/KkGoyTV

楽天

———————————-
著者 ランボオさん(1854~1891)は
16歳にしてすぐれた詩を残したのち
文壇からさり放浪したすえに
骨肉腫が悪化しなくなったと
伝えられています。

早熟の天才と評されるランボオ
の作品です。

王権、労働者、轍、など約50のものについて

考察した一冊です。

●この本を一言でいうと

「逆縁」です。

●おすすめのポイント

昨日の中村天風さんとは逆に
まだ未成年のネガティブの書です。

小林秀夫さんの訳が非常に思い入れのある
言葉でつづられているので
影響されたくない方は少々ガードして
読んだ方がいいかもしれません。

中学生の時に初めて読んだので
その時に受けたネガティブな影響を
洗い出そうと思い読んでみました。

そうして読み返してみると
以外にも著者の悲観的な感情という物は
直接語られているわけではありません。

客観的に現象がつづられているような
印象でした。

一度読んだ方はまた読んでみると
大分印象の変わる本だと思います。

ぜひ読んでください。

―――――――――――――――――

▼〈2〉編集後記

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

「俺は母音の色を発明した。」
という一説が有りました。

Aは黒、Eは白、Iは赤、Oは青、Uは緑
だそうです。

日本語の感覚や五行とは違う感覚だと思います。
これが当時のフランスで共感を得たのか
どうかは分かりませんが
こう見えるという感覚になると
共感できるところが増えるのだと思います。

「青空などは暗いのだ」

「俺は出来るだけ道化た、
錯乱した表現を選んだ。」

という所が全編に渡り逆説的な
地獄を表現しているのかもしれません。

実は生きていることに感謝していて
様々なものを考察できたという
という解釈でもいいかもしれませんね。

「あなたにとって地獄とは?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される