文芸

地獄の季節

地獄の季節 (岩波文庫)/ランボオ
¥504
Amazon.co.jp

□□□□□□□□□□□□□□□□□ 
あなたもできる!朝活読書。

vol.239  2011年5月11日配信

『地獄の季節』

http://ameblo.jp/yu-o-mo/

□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼《1》今日の一言

▼《2》今日の一冊

▼《3》編集後記

―――――――――――――――――

▼〈1〉今日の一言 #239

 「あなたにとって地獄とは?」

―――――――――――――――――

▼〈2〉今日の一冊

『地獄の季節』

ランボオ 作

小林秀夫 訳

アマゾン
http://t.co/KkGoyTV

楽天

———————————-
著者 ランボオさん(1854~1891)は
16歳にしてすぐれた詩を残したのち
文壇からさり放浪したすえに
骨肉腫が悪化しなくなったと
伝えられています。

早熟の天才と評されるランボオ
の作品です。

王権、労働者、轍、など約50のものについて

考察した一冊です。

●この本を一言でいうと

「逆縁」です。

●おすすめのポイント

昨日の中村天風さんとは逆に
まだ未成年のネガティブの書です。

小林秀夫さんの訳が非常に思い入れのある
言葉でつづられているので
影響されたくない方は少々ガードして
読んだ方がいいかもしれません。

中学生の時に初めて読んだので
その時に受けたネガティブな影響を
洗い出そうと思い読んでみました。

そうして読み返してみると
以外にも著者の悲観的な感情という物は
直接語られているわけではありません。

客観的に現象がつづられているような
印象でした。

一度読んだ方はまた読んでみると
大分印象の変わる本だと思います。

ぜひ読んでください。

―――――――――――――――――

▼〈2〉編集後記

―――――――――――――――――
今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

「俺は母音の色を発明した。」
という一説が有りました。

Aは黒、Eは白、Iは赤、Oは青、Uは緑
だそうです。

日本語の感覚や五行とは違う感覚だと思います。
これが当時のフランスで共感を得たのか
どうかは分かりませんが
こう見えるという感覚になると
共感できるところが増えるのだと思います。

「青空などは暗いのだ」

「俺は出来るだけ道化た、
錯乱した表現を選んだ。」

という所が全編に渡り逆説的な
地獄を表現しているのかもしれません。

実は生きていることに感謝していて
様々なものを考察できたという
という解釈でもいいかもしれませんね。

「あなたにとって地獄とは?」

The following two tabs change content below.

森澤勇司

重要無形文化財能楽保持者 20歳から能楽界に入る 43歳で脳梗塞の後 リハビリのため記憶の仕組み、心理学を学び復活 47歳で重要無形文化財「能楽」保持者に選出される。

最新記事 by 森澤勇司 (全て見る)

ピックアップ記事

  1. 空海と西洋占星術 森藤桜の埋蔵文化発掘談(仮) 第2部
  2. 2017年4月19日万作・萬斎狂言の会「金岡」
  3. 花粉症対策をする
  4. ビジネス版「風姿花伝」の教え
  5. 書店に並び始めました。

関連記事

  1. 文芸

    【ナイーヴな世界へ】広渡 常敏 著

    □□□□□□□□□□□□□□□□□毎日1分!朝活読書。…

  2. 思考・哲学

    福島泰樹全歌集

    □□□□□□□□□□□□□□□□□あなたもできる!…

  3. 文芸

    【読書の方法】吉本隆明 著

    読書の方法―なにを、どう読むか/吉本 隆明¥1,680 Ama…

  4. 文芸

    神話の法則

    ◆○◆━━━━━━━━━━━━━◆○◆あなたもできる!朝活読書 vol…

  5. 文芸

    日記力

    日記力―『日記』を書く生活のすすめ (講談社プラスアルファ新書)/阿久…

  6. 文芸

    ら抜き言葉殺人事件

    □□□□□□□□□□□□□□□□□ あなたもできる!朝活読書。…

【無料メルマガ】

【無料】和の心を磨く習慣
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

能楽堂リンク

  1. youtube番組

    「論より証拠とお客様の声」 第23部 森藤桜の神通力とコンシェルジュ
  2. 思う事

    人の話をよくきくとは?
  3. 未分類

    日本No.1世界無形遺産 能楽の小鼓研究会
  4. youtube番組

    第21部 年内の配信予定 森藤桜の神通力とコンシェルジュ
  5. 交流

    日本一のランチ会 vol.140
PAGE TOP