妊活の話を聞いて当てはまる神代の昔の結婚事情

もうかなり前になりますが、健康の話から妊活の話題になって聞いていたことがあります。能楽の中にもさまざま子を授かる話があります。そのとき体の中を駆け巡るホルモンや血液、、それを擬人化したものも神としての名前に当てはまるものではないかと思いました。ヴォイニッチ手稿 も医学書だという説がありますし、能楽もよくよく呼んでみると体の様々な働きが含まれていそうな気もしますね。そんな見方も楽しいものです。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

The following two tabs change content below.
森澤勇司(もりさわゆうじ) 能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される