神門とミモザガーデン逆側に昔からある奥澤神社

続けて奥澤に来ることがあったので奥澤神社にお参りしました。奥澤は耳ツボ神門とミモザガーデンの二箇所にいくことがほとんどです。

奥澤神社は鳥居のしめ縄が顔つきの大きな蛇になっているのが特徴です。

江戸時代から場所も変わらず祀られている場所です。中はタイムスリップしたような独特の空気感があります。ピーンと張り詰めたというよりは渓流に来たような水の流れを感じる空気感です。こちらも高校のときから何度となく前を通っているのですがお参りは初めてです。

感想いただけると嬉しいです
The following two tabs change content below.
森澤勇司(もりさわゆうじ) 能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される もっと詳しく知りたい方はこちら