精霊の王

◆○◆━━━━━━━━━━━━━━━━━◆○◆

朝活読書 vol.76  2010年11月29日配信

『精霊の王』

◆○◆━━━━━━━━━━━━━━━━━◆○◆

◆《1》今日の一言

◆《2》今日の一冊

◆《3》編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈1〉今日の一言 #76

「宿神?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉今日の一冊

———————————————–
『精霊の王』

中沢新一 著

講談社
———————————————–
著者 中沢新一さんは1950年生まれの思想家、
宗教学者です。

社会から消え去ったように見える古層の神。
実は芸能の中に息づいているという観点から話は
進んでゆきます。
シャグジ、ミシャグジン、シュクノカミなどと
呼ばれる宿神。

「サ音」と「ク音」からできるこの言葉は古くは
境界を表していたそうです。

観阿弥、金春善竹の作品や蹴鞠も宿神の影響なしには
できなかったと著者は語っています。

能楽「翁」についての伝書「明宿集」金春善竹 著が
現代語で収録されています。

能楽に興味のあるかた、風姿花伝とともに本書を読んで
みてはいかがでしょうか。

ぜひ読んでください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。森澤勇司です。

身近にあっても全く意識していないもの、見ていないものは
沢山あります。

この本は、知人と蹴鞠の話が出たときに紹介されて読むことに
しました。

何度も話の中に出てきていたのに自分の住んでいる地名の
石神井が本に出てくる話題と同じ要素があるということに
全く気が付かず、しばらく読んでいるうちに気が付きました。

別世界の話だと思っていると自分が自分が住んでいる所が
同じ石神だという事すら気が付きもしません。

意識の向け方というのは凄いパワーですね。

ダメなところに目を向ければソレばかりが目についてきます。
部屋の掃除をしていても小さな埃が気になると強迫神経症の
ようになってしまう人も多いと聞きます。

汚いところが綺麗になるというのも気持ちが良いものですが、
綺麗なところを見つけて其処を広ろげてゆくという発想で
掃除をしてみると違った気持ち良さがあります。

汚いところを綺麗にしようと思うのと綺麗なところを広くしよう
と思って周りを見ると、真っ先に目が行くところが変わってくると
思います。

人の事を注意していたら自分も同じことをしていたという
経験のある方本書を読んでみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される