学問のすすめ

◆○◆━━━━━━━━━━━━━━◆○◆

朝活読書 vol.78  2010年12月1日配信

『学問のすすめ』

◆○◆━━━━━━━━━━━━━━◆○◆

◆《1》今日の一言

◆《2》今日の一冊

◆《3》編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈1〉今日の一言 #78

「元祖?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉今日の一冊

———————————————–
『学問のすすめ』

福沢諭吉 著

旺文社
———————————————–
著者 福沢諭吉さん(1834~1901)は慶應義塾大学
創始者です。

現行の日本銀行券1万円の表の図案に採用されています。

序の部分に17版まで重版したときの冊数が版権の無い
海賊版を含めると22万冊になるという記述があります。

当時の日本の人口3千500万人に対して160人に1人は
「学問のすすめ」を読んでいる計算です。

『「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」
といえり。』

という初編冒頭の一文はあまりにも有名です。

「その道具の名をしるのみにて、家を建つることを
知らざる者は、これを大工といふべからず」

「わが邦の古事記は暗誦すれども、今日の米の相場を
知らざる者はこれを世帯の学問に暗き男といふべし」

学問や知識を実生活に生かしてこそ意味があると
本書は説いています。

今年の師走は福沢諭吉翁の思想に影響されてみては
いかがでしょうか。

ぜひ読んでください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日も有難うございます。森澤勇司です。

この本は明治の初めに小学生でも読めるようにという
思いで執筆されたそうです。

ところがこの文庫本が発行された1967年に校注者
伊藤正雄さんは戦後の我々には「文語体で読みにくい」
と解説しています。

「第二次世界大戦は日本の歴史を葬った」と
いってよいと思います。

明治の文章でさえ解説なしには読めないというのは
学校での国語教育が全く変わってしまっった表れでしょう。

せめて活字で発行されている物はどんどん読んでおきたいと
思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される