わらんべ草

◆○◆━━━━━━━━━━━━━◆○◆
  
朝活読書 vol.130  2011年1月22日配信

『わらんべ草』

◆○◆━━━━━━━━━━━━━◆○◆
                    
        
◆《1》今日の一言

◆《2》今日の一冊

◆《3》編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈1〉今日の一言 #130
 
 「しゃっきょう?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉今日の一冊

『わらんべ草』

大蔵虎明 著

笹野堅 校訂
—————————————
著者 大蔵虎明さん(1597~1662)は
江戸初期の能楽師です。

狂言方の太夫として多くの心得や
習い事が記載されています。

原本は5冊ですが、これを文庫一冊に
まとめてあります。

全89段です。それぞれの段は
簡潔にまとめられているので
読みたいところから読み始めても
よいと思います。

現在舞台で使用している
太鼓台の開発秘話も紹介されています。

また「徒然草」「伊曾保物語」「論語」
「孟子」など書籍からの引用も多く
当時の能楽師の読書記録としても
楽しんで読めると思います。

石橋(しゃっきょう)復曲の際の
人間模様などは必読です。

当時久しく絶えて上演されていない
能 石橋(しゃっきょう)
あまりに重い習いのために
演じられる役者がいなくなって
しまったそうです。

徳川秀忠時代に復活上演の
プロジェクトができ秀忠没4年後の
1636年に復活上演されたそうです。

映画になったら
カッコいいですね!

歴女の皆様にもおすすめです。

ぜひ読んでください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

本を読むときの気分で印象に残る言葉が
変わってくる事があると思います。

今の状況で「わらんべ草」を読むと
かなり入り込めると思って選んでみました。

「明日の御能にハ~」

「明日ハ、石橋なるまじ、~」

「明日の石橋~」

明日は石橋の小鼓を勤めます。
http://kanze.net/topics.php?id=165&schemas=type010_165_2&topics=3#id3

台徳院も見ることができなかった「石橋」
ご覧になってみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

わらんべ草 (岩波文庫 黄 131-1)/大蔵 虎明

¥735
Amazon.co.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される