フェルデンクライスの脳と体のエクササイズ

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□ 

あなたもできる!朝活読書。

vol.197  2011年3月30日配信 

『脳と体のエクササイズ』

□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼《1》今日の一言

▼《2》今日の一冊

▼《3》編集後記

▼〈1〉今日の一言 #197
 
 「あなたにとって姿勢とは?」

▼〈2〉今日の一冊

『脳と体のエクササイズ』

マーク・リース
デヴィッド・ゼメック
キャシー・バースン 著

かさみ康子 訳
———————————-
著者 訳者ともにフェルデンクライスメソッドの
伝道者です。

物理学者フェルデンクライス博士は度重なるスポーツでの怪我で外科手術をしなければいけない窮地に立ちました。手術をしない選択をした博士は脳と体のつながりを探求し身体機能の改善にダイレクトにアプローチする方法を確立しました。疲れや不快感のある方には特におすすめです。

●この本を一言でいうと

「自分を取り戻す」本です。

●読んでほしいところ

力を入れない楽な動きで効果がすぐに実感できます。
腰、背骨、肩、体幹、からだのつながり、呼吸、足首、顔とアゴ、目などの部位ごとのエクセサイズが紹介されています。すべて図解と共に角度なども分かりやすく解説されています。電話を掛けるときやコンピュータの前での仕事の仕方などストレスを軽減するための姿勢や距離なども丁寧に説明されています。

●生活への活かし方

財布や書類などの軽いものでも身体のアンバランスの原因になることが有ります。気持ちと体の状態を意識することで心の健康も維持しやすくなります。何気ない日常の動きを意識することで抱えていた問題が解消できることを実感できます。些細な原因を発見する視点を持つことができると思います。

●その他

仕事中にダラッとしてしまう事が疲れの原因になっている事は多いようです。この本のエクササイズをしてみると驚くほどコリや痛みが取れてきます。

ぜひ読んでください。

▼〈2〉編集後記

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

「姿勢」には見た目の姿と態度という意味が有ります。

姿勢をよくするというのは態度をよくすることです。

昨日の「炎化学」の敬礼の話でかっこ悪いとおもって大袈裟にしていたという話が有りましたが、見方を変えれば、かっこ悪いという気持ちが有っただけの事で態度は良かったのです。つまり仕事に向き合う姿勢は良かったのです。だから今日が有るのだという事がわかります。姿勢と態度は同じです。気持ちと行動も同じです。

自分や人の気持ちがわからないという悩みを抱えている方は、思い切って自分の行動から気持ちを判断してみてはいかがでしょうか。行動=気持ちならすぐにわかります。それが他人から見た自分です。チグハグに感じるのは認めたくないからかもしれませんね。

「あなたにとって姿勢とは?」

昨年11月24日号「動く骨」
http://ameblo.jp/yu-o-mo/entry-10714366555.html

古典の壁をなくしたい方におすすめです。
http://ameblo.jp/kotsudzumi/entry-10836773647.html

facebookファンページ作りました。
http://www.facebook.com/pages/%E6%A3%AE%E6%BE%A4-%E5%8B%87%E5%8F%B8/134131203326968

▼おまけ

アンサンブルモデ 

◆◇◆メルマガ【小鼓と記憶の方法】◆◇◆

 日本の文化を知るためのおすすめ情報や
 

 不定期で配信させていただきます。

―――――――――――――――――

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される