大好きな本 川上弘美 著

□□□□□□□□□□□□□□□□□ 

あなたもできる!朝活読書。

vol.198  2011年3月31日配信

『大好きな本』

□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼《1》今日の一言

▼《2》今日の一冊

▼《3》編集後記


▼〈1〉今日の一言 #197
 
 「あなたにとって読書とは?」


▼〈2〉今日の一冊

『大好きな本』

川上 弘美 著

文春文庫

大好きな本
¥730
楽天
———————————-
著者 川上弘美さんは1958年生まれ。
1994年「神様」でパスカル短編文学新人賞を受賞。
その他、伊藤整文文学賞、紫式部賞など数々の受賞歴のある
人気作家です。

●この本を一言でいうと

「他人を受け入れる練習帳」です。

●おすすめのポイント

著者 川上弘美さんが読んだ145冊の
書評がまとめられています。
本を読んでいいけど何を読んで
よいかわからない方や
本屋さんに行ってもなかなか選べない方の
ガイドブックとしてもおすすめです。

●生活への活かし方

人から何か勧められたり、
自分と違う感想を聞かされたりすると
つい反発してしまうことが有ります。

そんな時に「もっと聞くための質問力」の
練習帳としてお勧めです。

感想に対して「ここはどうでしたか?」という
質問をページを開くごとにパっパっと考えていくと
よい頭の体操になります。

人は知らないことに直面すると緊張します。
想定外の質問には急に答えにくいものです。
なぜなら日頃考え想定した事ではないからです。

日頃からたくさんの物に興味をもって
小さな心の変化を記憶しておく練習は
体の緊張を取るために非常に有効です。

●その他

「机の上で飼える小さな生き物」
という本の書評が有りました。

全くの実用書だそうです。

著者 川上さんはこの本を
「すぐれた恋愛書」だと評して紹介しています。
この視点と内容には深く共感するところが有りました。

アヒル飼いになる

小さなウマ飼いになる

ぜひ読んでください。


▼〈2〉編集後記

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

書評のまとめられた本を読むといつも思うのですが、
まあ見事に同じ本は見つかりません。

何冊か有る方が珍しいぐらいです。
それなので書評の本は
「お茶でも飲みながら本の話を聞いている」
そんな場面を想定して読む事が多いです。

今日は下記のクエスチョンが
思い浮かんだのですが、
自分の答えは日替わりになりそうです。

「あなたにとって読書とは?」

古典の壁をなくしたい方におすすめです。
http://ameblo.jp/kotsudzumi/entry-10836773647.html

facebookファンページ作りました。

▼おまけ

アンサンブルモデ

◆◇◆メルマガ【小鼓と記憶の方法】◆◇◆

j+1215@accessmail.jp
←空メールで登録できます。

 日本の文化を知るためのおすすめ情報や
 

 不定期で配信させていただきます。

―――――――――――――――――

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される