ソシュール入門

□□□□□□□□□□□□□□□□□ 

あなたもできる!朝活読書。

vol.200  2011年4月2日配信

『ソシュール入門』

□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼《1》今日の一言

▼《2》今日の一冊

▼《3》編集後記

―――――――――――――――――

▼〈1〉今日の一言 #200
 
 「あなたにとって始発とは?」

―――――――――――――――――

▼〈2〉今日の一冊

『ソシュール入門』

町田健 著

光文社新書

コトバの謎解き ソシュール入門 (光文社新書)/町田 健
¥735
Amazon.co.jp

———————————-
2月6日号の町田健さんです。
スイス生まれの言語学者
フェルディナン・ド・ソシュール博士(1857~1913)
の学説を具体的な例を豊富に交えわかりやすく
解説した一冊です。

「ラング」「パロール」「共時態「通時態」
「体系」「構造」といった言語を考える上での
専門用語も換骨奪胎して解説されています。

●この本を一言でいうと

「楽譜の読み方」です。

●おすすめのポイント

あらゆる言語には共通の法則が有るという
考えに基づきソシュール博士の学説をもとに
言語を分析するための考え方が
紹介されています。

現在の日本語文法も紀元前1世紀にギリシャで
考案された「品詞」を直線で並べる文法を
使っていると著者は解説しています。

「ポールロワイヤル文法」「エネルゲイア」
「比較言語学」など言語に対する学説の変遷も
年代を追って紹介されています。

「言葉は意味を伝える道具」だと著者は
主張しています。

非常口のマークやトイレの男女区別の記号
など見れば意味の分かる記号は言語か
という疑問を持った事がある方には
興味深い一冊になると思います。

●生活への活かし方

生活の中で言語から離れることはできません。

自分と隣に人が同じ単語を使っていても
意味が違うことの方が多いというのを
実感できると思います。

「何回も言っているのに何故わからないのか」

という言葉を使った事が、ある方はその理由を
発見できると思います。

「のぞみ○○号」は使っている車両も乗っている人も
違うのにいつも「のぞみ○○号」というのは
何故なのでしょうか。

「のぞみ○○号」という単語には物体は
存在していないのか、何を表す単語なのか、
そんな疑問を「面白い」と感じる方には
生活を豊かにするヒントが満載です。

●その他

日本語の一種である受験国語を
至上としている方には必読の一冊です。

ぜひ読んでください。

―――――――――――――――――

▼〈2〉編集後記

―――――――――――――――――

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

「言葉は意味を伝える道具」

記号だという事を読んだときに「楽譜」の事を
考えました。

ピアノやギターで作った音楽を楽譜にして
残しておくことは良くあることです。

曲のニュアンスなどは書いて
残すことができできません。

数年前に民族音楽を楽譜にしている方の
お話を聞いたことが有ります。

当然、半音刻みのピアノでは演奏できない
音程やリズムが有ります。

リズムのとり方も全ての拍が同じ
長さとは限りません。

この楽譜をみて演奏した人はオリジナルを聴いたときに

「間違っている」

「ずれている」

といいます。元のものをです。

楽譜と違うからです。

言葉もこれと同じ事の繰り返しではないでしょうか。

「話し言葉」を文字に結びつけ「文章」にする
それを読んだ人は「話し言葉」は間違っているという。

他の物と置き換えてみると
このパターンの行き違いは結構多いのではないでしょうか。

料理や配色などでも頻繁におきる事ですね。

「非陳述記憶」の伝承法について書いたものも
探してみたいとおみます。

「あなたにとって始発とはなんでしょうか?」

古典の壁をなくしたい方におすすめです。
http://ameblo.jp/kotsudzumi/entry-10836773647.html

facebookファンページ作りました。

▼おまけ

◆◇◆メルマガ【小鼓と記憶の方法】◆◇◆

←空メールで登録できます。

 日本の文化を知るためのおすすめ情報や
 

 不定期で配信させていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

The following two tabs change content below.

森澤勇司

森澤勇司(もりさわゆうじ) 能楽師小鼓方 1967年東京と生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される

最新記事 by 森澤勇司 (全て見る)