世界のことば100語辞典

□□□□□□□□□□□□□□□□□ 

あなたもできる!朝活読書。

vol.204  2011年4月6日配信

『世界のことば100語辞典』

□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼《1》今日の一言

▼《2》今日の一冊

▼《3》編集後記

―――――――――――――――――

▼〈1〉今日の一言 #204
 
 「あなたにとって欧州とは?」

―――――――――――――――――

▼〈2〉今日の一冊

『世界のことば100語辞典』

千野 栄一 

石井 米雄 編

三省堂

———————————-

「ことば」にはその言葉が
あらわす物が有ります。

100語を集めヨーロッパでの国ごとの
単語の違いを一語2Pの見開きで
まとめた一冊です。

ノルウェイ語、英語、ドイツ語
フランス語を始め約30各国語が登場します。

始めの「語のはなし」では
rとdで分けられた語の考え方は
理系の方でもすんなり受け入れることが
出来るのではないでしょうか。

●この本を一言でいうと

「概念さがし」です。

●おすすめのポイント

何か国語も対応している本はありますが、
意味や解説などは分離して単語だけ
同じ国の順番で単語が一覧になっているので
見開きで30ヶ国語がさっと見渡せます。

細かい解説や国の予備知識は別に
解説が有りますので発音やスペリングを
確認するのに便利な本です。

「星」ならば
それを表す単語が

「ノルウェー」stjerne(スチャーネ)

「アイスランド」stjarna(スチャ(ル)トナ)

というように並び発音記号も併記してあります。

●生活への活かし方

日本では色々な国の言葉がカタカナに
なって使われています。

各言語に対して一人の研究家がそれぞれの
国の言語や情勢、人口などについて
まとめた解説が有ります。

政治の影響も言語の
影響と切り離せません。

世界情勢に興味が有る方には
強力なガイドブックになると思います。

●その他

英語で「sky」は「空」の事ですが
ノルウェー、アイスランドでは雲の事だそうです。

同じ文字でも発音も違えば意味も違う
意見が合わない人とは同じことを
言っていても見ている物が
全く違う場合が有ります。
そういう方が普通なのだと思える本です。

●自分の使い方

言語の派生は詳しくないので感覚で
似ているところを探しています。

例えば

「黒」ノルウェー、スウェーデン、アイスランドでは

「スヴァット」という言葉が書いてあります。

「くろ」と「すばっと」を同じ感覚に落とし込むのに

「すばっと」は「くろ」を

「スバタ」→「ウバタ」→「ンバタ」

「ンバタ」は「クロ」

「んばたまの黒」

だから「スバット」は「クロ」と覚えました。

これなら日本語と欧州語も違和感なく結びつきました。

※言語の派生がどうという事ではなく
こうやって覚えたという例です。

スペイン語「ネグロ」は「仏は根暗(黒)」そのままですね。

ギリシャ語「マヴロス」は「蝋で真っ黒っす!」こんな感じです。

ギリシャは希臘で字が違いますが
難しい漢字で書けない事を覚えます。
(結構いい加減です。)

面白かったのは「塩」です。

サルト、スオラ、ソーリ、スーリ、サル
などSやCのつく発音が多いのですが
日本語でも「しお」ですが何か
結びつかない感じがしました。

そこで「海」を見てみると
ショウル、メリ、モーレ、ショー、

「うみ」は「んみ」でしょうから
「み」と考えるとモーレもメリもすんなり入りました。

「しお」は漢字が入ってきたから「塩」ですが
「汐」と変わらないのですね。

液体でも個体でも「しお」というようです。

考えてみればヨーロッパは岩塩です。

「ストーン」という感覚からすると前者も納得しました。

※素人学説ではなく覚え方です。

ぜひ読んでください。

―――――――――――――――――

▼〈2〉編集後記

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

学生時代に日本料理屋で
アルバイトしたことが有りました。

そこでの会話を思い出しました。

机を運ぶ時の会話です。

板長「あんちゃん、ちょっと手伝って」

私「はいっ」

板長「ユアウエルカム」

私「は??」

↑ここ繰り返し

板長「有難うって言ってんだよ、
   英語わかんないのかよ」

それからその店では「有難う」は
「ユアウエルカム」でした。

言葉はこうして変わっていくという
縮図ではないでしょうか。

「あなたにとって欧州とはどこでしょう?」

古典の壁をなくしたい方におすすめです。
http://ameblo.jp/kotsudzumi/entry-10836773647.html

facebookファンページ作りました。

▼おまけ

←空メールで登録できます。

 日本の文化を知るためのおすすめ情報や
 

 不定期で配信させていただきます。

http://ameblo.jp/kotsudzumi/entry-10836773647.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される