なぜか書けない やさしい漢字

□□□□□□□□□□□□□□□□□ 

あなたもできる!朝活読書。

vol.210  2011年4月12日配信

『なぜか書けない やさしい漢字』


□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼《1》今日の一言

▼《2》今日の一冊

▼《3》編集後記

―――――――――――――――――

▼〈1〉今日の一言 #210
 
 「あなたにとって漢字とは?」

―――――――――――――――――

▼〈2〉今日の一冊

『なぜか書けない やさしい漢字』

水野 靖夫 著

アルク


———————————-
著者 水野靖夫さんは1943年生まれ。
元銀行マンの漢字研究家です。

●この本を一言でいうと

「マップガイド」です。

●おすすめのポイント

1ページの表側を看板など実例の画像、
その裏面をその解説にあてています。

誰もが読める漢字85文字が選ばれ解説されています。
実例が看板やポスターというのも面白いです。

私の知っているお店の写真もありました。

「柳」「初」「専」「博」「益」など

実際の用例をもとに解説されているので
机上論にならず、通勤時間も楽しめる
のではないでしょうか。

くれぐれも楽しみすぎて遅刻しないように
気を付けて下さい。

●生活への活かし方

「佛」が「仏」になっているのに
「沸」は「サンズイ」に「ム」とは書けない。

「同志」「同士」

「小」「少」

「意志」「意思」など

写真で見てから解説を見ると
公の看板や横断幕にも多くの間違えが
有るのがわかります。

「手書きだからこそ間違える、この字体」という章は
ローマ字思考になりがちな私たちの
視点を変えさせてくれると思います。

ぜひ読んでください。

―――――――――――――――――

▼〈2〉編集後記

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

http://ameblo.jp/kotsudzumi/entry-10845836492.html

「正しい日本語は無い」という記事を書きました。
少々誤解されやすいようなので
伝わりやすいように1記事1テーマでまとめています。

その点、漢字は判断しやすいですね。
正誤がハッキリしています。

「二重言語国家・日本」
http://ameblo.jp/yu-o-mo/day-20110324.html

石川九楊さんは漢字の一画一画はスペリングだと
語っていました。
この考え方は新鮮でした。

漢字の間違いについてこんな文が思い浮かびました。

―――――――

紙に蚊が泊っていた。

立ち去った後、

紙が痒そうだった。

鉛筆で「蚊行」と掻いた。

――――――――

学校だったら国語の先生に添削されてしまいそうですね。
日本語の乱れの見本になるかもしれません。

「ひらがなでよめばわかる日本語のふしぎ」
http://ameblo.jp/yu-o-mo/entry-10778738899.html

これも面白い本でした。

「あなたにとって漢字とはなんですか?」

←空メールで登録できます。

 日本の文化を知るためのおすすめ情報や
 

 

古典の壁をなくしたい方におすすめです。
http://ameblo.jp/kotsudzumi/entry-10836773647.html

アクティブ・ブレインセミナー

facebookファンページ作りました。

▼おまけ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される