アンジュール

□□□□□□□□□□□□□□□□□ 
あなたもできる!朝活読書。

vol.212  2011年4月14日配信

『アンジュール』


□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼《1》今日の一言

▼《2》今日の一冊

▼《3》編集後記

―――――――――――――――――

▼〈1〉今日の一言 #212
 
 「あなたにとって文字とは?」

―――――――――――――――――

▼〈2〉今日の一冊

『アンジュール』
ある犬の物語

ガブリエル・バンサン 著

ブックローン出版

昨年10月27日号『世界で一番愛される絵本たち』

ここで紹介されているベルギーの絵本作家
ガブリエル・バンサン女史のデビュー作品です。

鉛筆デッサンで描かれた絵本です。

●この本を一言でいうと

「脳が見た世界」です。

●おすすめのポイント

絵本の部分に文字はありません。
デッサンのみの本です。

車から捨てられた犬の物語です。

ストーリーは文字ではないので読む方の

感覚でだいぶ印象が変わると思います。

実際に目にしている世界と脳が見ている世界は
違うという話を聞いたことが有ります。

これがそうなんだと実感できるような
絵で物語が構成されています。

毎日暮らしている部屋の中でも
写真のようにすべてを記憶している方は
少数だと思います。

そんな記憶の残像に残っている物を
取り出して絵で見せられたような
インパクトが有ります。

シンプルでありながら本当に見ていたような
感覚がしてきます。

また著者は水墨画に影響を受けたと語っています。

●生活への活かし方

お子さんがいる方は絵を見ながら
お話をしてあげるのがおすすめです。

少し疲れ気味の方は人間は

シンプルな世界で癒されてください。

色のない異色の絵本です。

ぜひ読んでください。

―――――――――――――――――

▼〈2〉編集後記

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

鉛筆デッサンで”書かれた物語”としたかったのですが、
指摘されても仕方ないので「描」を使いました。

(ー_ー)!!(*^。^*)が文字として機能するならば

この本のデッサンは文字以上に語りかけてきます。

絵は全てそうだという意見もあるとは思いますが、
この本を開いていただければ「なるほど」と
納得していただけるのではないかと推測しています。

私にとってはデッサンという文字で書かれた物語でした。

「あなたにとって文字とは?」
―――――――
▼編集後記の後記

ここまで済んでからインタビューを読むと
日本画に影響を受けたという記事が有りました。

感動した作品の著者ガブリエルさんは
私たちの文化に影響を受けたと語っています。

水墨画は脳が見た世界を描いているから
深く響くのですね。これは大きな収穫でした。

「私たちは外国人に水墨画の良さを
 伝えられるでしょうか?」

『世界で一番愛される絵本たち』
http://ameblo.jp/yu-o-mo/entry-10688835561.html

『さむがりやのねこ』
http://ameblo.jp/yu-o-mo/entry-10853438251.html

『ヒグマの楽園』
http://ameblo.jp/yu-o-mo/entry-10693698881.html

←空メールで登録できます。

 日本の文化を知るためのおすすめ情報や
 

 

古典の壁をなくしたい方におすすめです。
http://ameblo.jp/kotsudzumi/entry-10836773647.html

アクティブ・ブレインセミナー

facebookファンページ作りました。

▼おまけ

———————————-

http://ameblo.jp/yu-o-mo/entry-10688835561.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される