親から自分をとり戻すための本

親から自分をとり戻すための本―「傷ついた子ども」だったあなたへ (朝日文庫)/マーガレット ラインホルド
¥840
Amazon.co.jp

□□□□□□□□□□□□□□□□□ 
あなたもできる!朝活読書。

vol.233  2011年5月5日配信

『親から自分をとり戻すための本』


□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼《1》今日の一言

▼《2》今日の一冊

▼《3》編集後記

―――――――――――――――――

▼〈1〉今日の一言 #233
 
 「あなたにとって傷とは?」

―――――――――――――――――

▼〈2〉今日の一冊

『親から自分をとり戻すための本』

マーガレット・ラインホルド 著

朝長梨枝子 訳

朝日文庫

アマゾン
http://t.co/1vfvSc1

楽天
http://books.rakuten.co.jp/rb/1068805/

———————————-
著者 マーガレット・ラインホルドさんは
南アフリカ生まれのセラピストです。

子どもの時に親から受けた心理的ダメージが
残されたまま大人になると、同じ痛みを
自分の子どもに与えてしまうそうです。

親子関係の中で繰り返される
漢書の連鎖がなぜ起こるのか
ということが語られています。

●この本を一言でいうと

「価値観の強要」です。

●おすすめのポイント

様々な育児法の変遷についてふれられています。

・赤ちゃんには四時間おきに授乳
・欲しがるときに授乳
・泣いても抱き上げない
・母乳でないほうが良い
・母乳は不可欠
・子どもには厳しく
・自由奔放
・誉める
・おこらない

育児本を参考にしつつも自分の考えで
育てたい方にはおすすめです。

もし親に負の感情を強く持っているのなら
それを伝承しないような対応策を
知ることで自の精神をを守ることが出来ます。

ぜひ読んでください。

―――――――――――――――――

▼〈2〉編集後記

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

この本も潜在意識、無意識の事が
多く語られています。

私はこの潜在意識を専門家以外は
考える必要のないものと思っています。

http://ameblo.jp/kotsudzumi/entry-10878200197.html

パソコンや携帯電話がなぜ作動するのか
考えながら使っている方は少数派だと思います。

いま電波が強くなったとか弱くなったとか
アンテナ表示を見なくても判断できる方は
きいたことが有りません。

仕組みを知る事と
使う目的を決める事は別ですよね。

コントロールしようと思えば、
ほとんど意識下でコントロールできる
と思います。

負の感情の連鎖が起こるのは↓こういう理由だと考えています。

http://ameblo.jp/kotsudzumi/entry-10841616313.html

「人にされて嫌なことはしない」

ということを心がけている方は多いと思いますが、

過去に

「人にされて嫌だったこと」

を誰かにしてしまうことはないでしょうか。

これは潜在意識のせいではありません。

意識すれば減らすことができます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される