【エブリディ・ジーニアス】ピーター・クライン 著

エブリデイ・ジーニアス 「天才」を生み出す新しい学習法/ピーター クライン
¥1,890
Amazon.co.jp

□□□□□□□□□□□□□□□□□ 
毎日1分!朝活読書。

vol.280  2011年6月21日配信

『エブリディ・ジーニアス』

ピーター・クライン 著

フォレスト出版


□□□□□□□□□□□□□□□□□

「私たちはただおもしろがっていただけで、
勉強しているつもりはありませんでした。
でも、あとで他の学校の友達と話をすると、
私たちの方がずっと進んでいました。」

本文より

▼「真面目は報われる?」

子どもの教育法に関する本ですが、
ビジネス本や仕事法の本でも同様な事が
書いてある場合が多いので大人でも参考に
なる本です。

学ぶこと、勉強を楽しいとおもえるようになる
ヒントが詰め込まれた本です。

頑張って、我慢して、一生懸命ということとは
相反する(表現が?)方法なので頭の固い方は
受け入れにくいかもしれません。

反面、テレビの弊害、長時間テレビを
見ている子どもは、とらえどころのない
欲求不満をいだく傾向があるなど生活面の
問題点も指摘してあります。

勉強を楽しんで興味のあることを
掘り下げて知ること自体に喜びを
感じる方法の紹介です。

テレビの情報を鵜呑みにして
やな勉強をしてストレスに
耐える人生をおくらない
方法ともいえます。

学校や塾の授業が単なる事務処理では
ないかと思っている方には
おすすめです。

ぜひ読んでください。
_____
▼編集後記
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

最近読んだ本を見渡すとメルマガや
ブログにしていないものも含めて
教育関係の本が多いようです。

私が持っている「真面目」「努力」という
言葉を人物にすると真っ先に
「円谷幸吉」という方が浮かびます。

真面目に走りつづけ28年の生涯を断った
マラソンランナーです。

私の中の言葉の感覚だと「真面目」
という意味は同じよう擦り切れても
折れても命尽きるまで走り続けろという
意味に聞こえています。

ですから真面目を強要された子どもの
心が折れてしまうのは、ごく当然の結末だと
思っています。

仕事で表面的にヘラヘラしている人に
真面目な顔をしろというのとは意味が違いまけどね。

勉強を楽しむということは、その時点で「楽しい」
という報酬がありますが、勉強を真面目にすると
報酬ってなんでしょう?

「真面目は報われるのでしょうか?」

こちらからも一言送ることができます。

【毎日1分!朝活読書。】

http://nohgaku.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される