【日本のもと 円】森永 卓郎 監修

□□□□□□□□□□□□□□□□□

毎日1分!朝活読書。

vol.307  2011年7月18日配信

『日本のもと 円』

森永 卓郎 監修

講談社

□□□□□□□□□□□□□□□□□

『そんな今の経済を支えているのが、

ズバリ!「家計」「企業」「政府」の3つです。』

本文より
▼「なんのために働いてますか?」

きょうはクイズです。
○経済のもとになった言葉は?
○実際にあった税金は

1、犬税

2、猫税

3、兎税

○越後屋は実在したか?

1、実在した

2、実在しない

この3つ意外にも日常生活の中の

経済活動や税金の流れについて図も含めて

わかりやすく解説されています。
大人向けの本とは観点やまとめ方が

違うのでサラッと読める割には

内容が濃く楽しめます。
貝をお金として使い始めた時代から

将来のお金まで温故編、知新編、未来編の

3編に分けられ小学生でも実感できる

お金の流れが語られています。

神聖なもの、神通力があると信じている方から

実体のない数字だけと思っている方まで

お金の事を楽しく学べる一冊です。
「日本のもと」という題名どおり

日本の血液としてのお金の流れを

改めて読んでみてはいかがでしょうか。

_____

▼編集後記

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今日もありがとうございます。

森澤勇司です。
ゴルゴ13の中に莫大なお金の

やり取りが出てきますが、

この本を読んでいてふと思ったことが有ります。

「ゴルゴ13はなんのために働いているのか?」

です。

お金だけなら一生暮らせるくらいあるでしょうし、

世界の平和を願っているわけでもなさそうです。

ウルトラマンのように何かを守るという

大義名分もなさそうですし、

好きでする種類の仕事でもなさそうです。

どこか出てくる巻にあるかな、、、
「なんのために働いてますか?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される