【古代・中世の超技術38】

□□□□□□□□□□□□□□□□□
毎日1分!朝活読書。

vol.308  2011年7月19日配信

『古代・中世の超技術38』

小峯 龍男 監修

講談社

□□□□□□□□□□□□□□□□□

『本書に目を通してくださったみなさまに
「温故知新」という言葉を思い出していただけたならば、
筆者の幸いとするところです。』

本文より

▼「自作してみますか?」

アルキメデス、ヘロン、レオナルドダビンチなどが
発明したり仕組みを作ったと言われる
機械仕掛けを図解で解説した一冊です。

現在の技術で再現できるものだけに限定して
38種の技術を選んであります。

電気やモーターが無い時代に自動で開く扉や
噴水、運搬などに利用された技術が紹介されています。

中でも興味がわいたのは平面を作る技術です。

ピラミッドの基礎工事や、水路を作るための
橋など数々の平面を作る技術は
引っ越しなどの部屋の下見にも
応用できそうです。

また仕組みを理解するために
簡略化して牛乳パックやストローなど
入手がしやすいものを使う工作や実験の
方法も紹介されています。

_____
▼編集後記
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

いまなら理科の実験で簡単にできるように
見える物も多いのですが、実際には
かなり大規模な工事に使われている
技術が多いです。

水平面と言っても庭に犬小屋を作るレベルではなく
ピラミッドの土台ですから平面にする範囲も
広大です。

水を使うと言っても下は砂地で
蒸発もしていくのでしょうから
書いてある通りにしても簡単には
工事できなかったことは想像に難くありません。

窓枠の石の組み方は木工でも
同じ形状で組んでみると耐震対策として
よさそうです。

「自作してみますか?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される