ヨーロッパ文化と日本文化

◆○◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆○◆

朝活読書 vol.9  2010年9月23日配信

『ヨーロッパ文化と日本文化』

◆○◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆○◆

◆《1》今日の一言

◆《2》今日の一冊

◆《3》編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈1〉今日の一言 #9

「この字よめますか?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉今日の一冊

—————————————————
『ヨーロッパ文化と日本文化』

ルイス・フロイス 著

岡田章雄 訳

岩波文庫
—————————————————

著者 ルイス・フロイス(1532-1597)はポルトガル人で
イエズス会の宣教師です。

35年間日本での布教活動に勤め、長崎で生涯を終えました。

安土・桃山時代の服装や食事、病気、建築、習慣など
多くの事柄を細かく観察し記述されています。

著者の自国の風習と比較した形式で語られています。

現代人は欧米化が進んでいるといわれています。
「外国人からみた」というよりも「現代人からみた」
という視点で読んでみても面白いと思います。

当時の人々の暮らしが身近に感じられると思います。

ぜひ読んでみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。森澤勇司です。

先日、ブリューゲルの版画をみました。ルイス・フロイスとは同時代の
芸術家の作品です。

この時代の絵に書かれている文字(アルファベット)は語学に
堪能でなくても文字として読み取ることができると思います。

中学生でも間違えなく読める普通のアルファベットです。
意味を調べたければ書き写すこともできると思います。

さてこの時代の日本語を日本人の私たちはどれだけ
読むことができるのでしょうか。

予備知識なし読むことは不可能に近いのではないでしょうか。
江戸時代の瓦版でも雑誌のように読むことはできません。

前回の「国家の品格」にも語られていましたが
英語よりも日本語、ことに活字以外の文字を読めるような
教育がなければいけないと思います。

古典の元本をすらすら読めるようになったら、
広い世界が広がると思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される