神か悪魔か【巻絹】

おはようございます!
能楽師 森澤 勇司です。

心にしみる能の言葉を
厳選してお届けします。

「神は上がらせ給ふと、言い捨つる」巻絹より

都から巻絹を届けに来た男は
音無の明神の梅にひかれ
歌をよんで納期に遅れてしまいます。

どこからともなく巫女が現れ
神がかったようすで
男が読んだ歌を語りだします。

ひとしきり歌い舞をまったあと
巫女の神がかった様子がなくなり
もとに戻ります。

スポーツ、仕事など
なにか夢中になって神がかっているとき
終わってみると
つきものが落ちたような状態に
なることがあります。

神なのか悪魔なのか
それは

◆人を喜ばせるか、苦しめるかの違いです。

本日も素晴らしい1日をお過ごしください。

今月のイベント
http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/1294

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される