54雷沢帰妹

54雷沢帰妹

歸妹。征凶。无攸利。
彖曰、歸妹、天地之大義也。天地不交而萬物不興歸妹、人之終始也。説以動所歸妹也征凶、位不當也。无攸利、柔乘剛也
象曰、澤上有雷、歸妹。君子以永終知敝
帰妹(きまい)は、征(ゆ)けば凶なり。利(よ)しきところなし。
彖(たん)に曰く、帰妹(きまい)は天地の大義なり。天地交わらなければ、万物興(おこ)らず。帰妹(きまい)は人の終始なり。説びてもって動く。帰(とつ)ぐところのものは妹(まい)なり。征けば凶なりとは、位(くらい)当らざればなり。利(よ)しきところなしとは、柔(じゅう)剛(ごう)に乗ればなり。
象に曰く、沢上に雷あるは帰妹(きまい)あり。君子もって終わりを永(なが)くし敝(やぶ)るるを知る。
初九、歸妹以(女|弟)。跛能履征吉。
歸妹以、以恒也。跛能履吉、相承也
九二、眇能視。利幽人之貞。
利幽人之貞、未變常也
六三、歸妹以須、反歸以(女|弟)。
歸妹以須、未當也
九四、歸妹愆期遲歸有時。
愆期之志有待而行也
六五、帝乙歸妹。其君之袂、不如其(女|弟)之袂良。月幾望。吉。
帝乙歸妹、不如其之袂良也、其位在中、以貴行也
上六、女承筐无實、士(圭|刀)羊无血无攸利。
上六无實、承筐也
初九(しょきゅう)。帰妹(きまい)に(女|弟(てい)をもってす。跛(あしなえ)能(よ)く履(ふ)む。征くときは吉(きつ)なり。
象に曰く、帰妹(きまい)に(女|弟(てい)をもってすとは、恒(つね)をもってするなり。跛(あしなえ)能(よ)く履(ふ)むの吉(きつ)とは相い承 (う)くればなり。
九二(きゅうじ)。眇(すがめ)能(よ)く視る。幽人(ゆうじん)の貞(てい)に利(よ)ろし。
象に曰く、。幽人(ゆうじん)の貞(てい)に利(よ)ろしとは、いまだ常を変ぜざるなり。
六三(りくさん)。帰妹(きまい)に須(しゅ)をもってす。反(かえ)りに帰(とつ)ぐに(女|弟(てい)をもってすべし。
象に曰く、帰妹(きまい)に須(しゅ)をもってすとは、いまだ当たらざればなり。
九四(きゅうし)。帰妹(きまい)に期を愆(あやま)る。帰(とつ)ぐを遅(ま)つこと時あり。
象に曰く、期を愆(あやま)るの志は、待つことありて行くなり。
六五(りくご)。帝乙(ていいつ)妹(まい)を帰(とつ)がしむ。その君の袂(たもと)は、その(女|弟(てい)の袂の良きにしかず。月望(ぼう)に幾 (ちか)し。吉(きつ)なり。
象に曰く、帝乙(ていいつ)妹(まい)を帰(とつ)がしむ。その(女|弟(てい)の袂の良きにしかずとは、その位(くらい)中に在り、貴(き)をもって行けばなり。
上六(じょうりく)。女(じょ)筐(かご)を承(う)けて実(じつ)なく、士(し)羊を(圭|刀(さ)くに血なし。利(よ)しきところなし。
象に曰く、上六(じょうりく)の実(じつ)なきは、虚(むな)しき筐(かご)に承(う)くるなり。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される