相模線の新車両【石橋】

【ついに電車にも】

相模線の最新車両は

能面の「獅子口」からデザインしたとか。

知っててみればそう見えるかな^_^

車内の音楽も「石橋(しゃっきょう)」

使って欲しいところです。

歌舞伎の「鏡獅子」の原曲、能の「石橋」は

徳川秀忠公が所望の時、

あまりに秘曲にしすぎて

誰もできなくなっていました。

復活させるための能楽師が選ばれ

資料、伝承を研究して復活させた時は

三代将軍、家光公になってからでした。

それから400年あまり、

歌舞伎や他の芸能にも

カバーされ、多くのイベントでも

上演されています。

ついに電車にも!^_^

ちなみに

獅子は文珠菩薩の霊獣です。

文珠菩薩の教えは二十八宿の運命学

「宿曜経」の元になっています。

この二十八宿は中国の星座で、

日本では「スバル」が有名です。

キトラ古墳の天井にも記されているのは

この二十八宿です。

これが浦島太郎の竜宮城にも登場します。

そして、乙姫様と江ノ島の弁財天は、、、、

と伝承の無限連鎖を知りたい方は

ぜひメルマガにご登録ください。

相模線に乗る方は

文珠菩薩マンジュシュリーの

ご加護があるでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

The following two tabs change content below.
森澤勇司(もりさわゆうじ) 能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される