【能の言葉】その行為の裏には

心にしみる能の言葉を
厳選してお届けします。

「いとけなかりし時よりも父に離れて無慙やな」橋弁慶 笛之巻より

能「橋弁慶」の前半が全く違う台本になっている一曲です。

平家の跡継ぎたちに混じり寺で勉強している牛若丸ですが、、
よなよな五条の橋で辻斬りをしていることをしった母は
牛若丸をしかり嘆きます。

そんなときに幼いときに父に別れたことを
敵の人質になっていることなどを
救い出せないことを悲しむのでした。

いまでは少なくなりましたが
父親がいないからグレてしまうとか

通り魔的な犯罪をしてしまうとか
多くの場合、心満たされる幸福な日々は送っていません。


ゆるせない犯罪の裏側には生い立ちによる
寂しさに耐えきれなかった心の弱さがあります。


凶悪犯罪をみたときは、どんなに追い詰められた状況でも
◆はねのける強さをイメージしておきましょう。


本日も素晴らしい1日をお過ごしください。

◆舞台出演予定です
http://nohgaku.com/?p=4920


◆今月のイベントはこちらです
https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/1294

◆毎日1分!心にしみる能の言葉
https://www.reservestock.jp/subscribe/75464

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

The following two tabs change content below.
森澤勇司(もりさわゆうじ) 能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される