【能の言葉】恩師に対する気持ち

心にしみる能の言葉を
厳選してお届けします。

「忝なしや師の恩 影をばいかで踏むべき」雷電より

天神様で有名な菅原道真公の霊が、
恩師を訪ね世話になった昔を
回想する場面の言葉です。

影と陰というのは漢字が使い分けられているというのは
ご存知でしょうか。

影はそのもの月影、星影、面影などそれ自体をさします。


陰は光があたる反対側にできる物の陰です。
木陰という言葉もありますね。


近代の研究ではこんな発表もされています。

ーーーーーーーーーー
ロイヤルホロウェイ大学と伊トレント大学の
共同研究グループが行った研究によれば、
人の脳はその人自身の影をあたかも体の一部として
認識していることが明らかになったと言う事です。

http://x51.org/x/03/12/1619.php

ーーーーーーーーーー


光ができる陰を踏むかどうかではなくて
人の影というのはその人そのもの
意図をもって踏みつけるということが
相手へのダメージをあたえる呪いです。

影踏みという遊びもその名残です。

大切な人にどんな思いで接しているのか
◆心の中をよくみてみましょう。


本日も素晴らしい1日をお過ごしください。

 

◆舞台出演予定です
http://nohgaku.com/?p=4920


◆今月のイベントはこちらです
https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/1294

◆毎日1分!心にしみる能の言葉
https://www.reservestock.jp/subscribe/75464

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

The following two tabs change content below.
森澤勇司(もりさわゆうじ) 能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される