カウントダウン年末特集号

◆○◆━━━━━━━━━━━━━◆○◆

朝活読書 vol.108  2010年12月31日配信

『不器用なあなたほど頼み上手になれる』

◆○◆━━━━━━━━━━━━━◆○◆

◆《1》今日の一言

◆《2》今日の一冊

◆《3》編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈1〉今日の一言 #108

「どう?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉今日の一冊

————————————–
『不器用なあなたほど頼み上手になれる』

高城幸司 著

明日香出版
—————————————
頼まれたときに「命令」と感じたり
ある種の「不快感」や「引っ掛かり」
を感じることが有ります。

そうしたことを相手に感じさせず
上手に物事をお願いすることに
役立つ一冊です。

出向いてお願いする
呼びつけて頼まない

の基本姿勢を忘れている上司は
多いものです。

「ボランティア型」「スター型」など
相手のタイプ別お願いのポイント
も掲載されています。

ここが此の本の中で一番
印象に残ったところです。

こちらが頼む側ではなく
頼まれる事も多いわけです。

ある程度、頼み上手な人から見ると
どういうタイプだと思われて
お願いされているのか推測する
ことができます。

頼む側の手法を非常に詳しく述べてあるので
断る対策を立てるのに役立ちます。

「頼み上手」になるための本ですが
断れなくて困っている方にもお勧めです。

ぜひ読んでください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

除夜の鐘108回は煩悩の数だそうです。

「ごーーーーん」

と響く鐘の音は心が洗われる
ように感じる方は多いのでは
ないでしょうか。

良い音の鐘の中でも景色と融合した
三井寺(園城寺)は人々に称賛され
「東海道五十三次」の安藤広重も
「近江八景」という作品を
残しています。

この三井寺を舞台にした能に
ズバリ「三井寺」という作品が有ります。

この能の中で語られる(鐘之段)
三井寺の鐘の音は、なんと突く
時間により音が変わるのです。

20時頃―諸行無常
(しょぎょうむじょう)

4時頃―是生滅法
(ぜしょうめっぽう)

6時頃―生滅滅己
(しょうめつめつい)

18時頃―寂滅為楽
(じゃくめついらく)

「ごーーーん」

という音が

「しょぎょう~~~~~」
「むじょ~~~~~~~」

なんて聞こえていたんですね。

私たち日本人はなんでも言語化してしまう
凄い感性を持っているのです。

外国人にはノイズに聞こえる
虫の声も日本人には歌に聞こえる
そうです。

かつての日本人は和歌を詠んでいる
とも感じていました。

「鳥類畜類の人に類へて歌を詠む」
(白楽天より)

使っている脳の部位が違うんでしょうね。

「日本人脳」

なんて題名の本が出たら面白そうです。

諸行無常

是生滅法

生滅滅己

寂滅為楽

を訳したものが「いろは歌」だと
伝えられています。

色は匂へど 散りぬるを
我が世誰ぞ 常ならん
有為の奥山 今日越えて
浅き夢見し 酔ひもせず

最近では「関ジャ二∞」
(ジャニーズ事務所のグループ)
が「浪花いろは節」の中で歌っています。

無限(∞)というグループが
8人で無常観を歌う

観客動員数だけでも凄いと
思っていましたが、
ジャ二―喜多川さんは
実家の仏教思想をこのグループに
託しているのですね。

感動しました。

私は除夜の鐘を聞きながら108号を
振り返ってみようと思います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される