とびだす!うごく!どうぶつえん

とびだす!うごく!どうぶつ (てのひらえほん)/著者不明
¥550
Amazon.co.jp

□□□□□□□□□□□□□□□□□ 
あなたもできる!朝活読書。

vol.240  2011年5月12日配信

『とびだす!うごく!どうぶつえん』


□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼《1》今日の一言

▼《2》今日の一冊

▼《3》編集後記

―――――――――――――――――

▼〈1〉今日の一言 #240

 「あなたにとって工作とは?」

―――――――――――――――――

▼〈2〉今日の一冊

『とびだす!うごく!どうぶつえん』

わらべ きみか 絵

アマゾン
http://amzn.to/kr3dxF

楽天

———————————-
手のひらサイズの小さい絵本です。

飛び出す絵本で一冊が8つのページに
分かれています。

食べ物、動物、虫など
いろいろな種類のものが発行されています。

●この本を一言でいうと

「くふう」です。

●おすすめのポイント

各ページのとびだす仕掛けが、
全部、違ったパターンになっています。

ただ立体になるだけでなく
開き具合で動きがつくように
作られています。

絵本なので子ども向けですが、
小さいサイズなので持ち歩きも楽です。

ストレス解消にも使えます。

ちょっと疲れ気味の方

ぜひ読んでください。

―――――――――――――――――

▼〈2〉編集後記

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

小さいサイズながら本をはみ出して
とびだす大きな動きは本当に感心しました。

何冊かありますが、一冊一冊動きのパターンも
変えられていてよく考えられています。

動物編ではゴリラの手が微妙に重なり
音が鳴るようになっていたり、
タイヤに乗っているパンダが開くと
回転するようになっていたり、
一冊でも随分楽しめます。

夕方の電車に乗ると同世代の人が
おもむろに鞄からゲームを取り出して
一心不乱にボタンを打っている姿を見ると
これも人生かと一抹の哀愁を感じます。

会社でも家でも電車でも液晶画面と
キーボード、、
娯楽も仕事もストレス解消も
液晶画面にキーボード、、

毎日続けるとうつ状態にならないほうが
不思議なくらいの強いストレスがかかるそうです。

たまには気分を変えて
絵本でもいかがでしょうか。

「あなたにとって工作とは?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される