〈対話〉のない社会

□□□□□□□□□□□□□□□□□

あなたもできる!朝活読書。

vol.249  2011年5月21日配信

『〈対話〉のない社会』

□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼《1》今日の一言

▼《2》今日の一冊

▼《3》編集後記

―――――――――――――――――

▼〈1〉今日の一言 #249

「あなたにとって対話とは?」

―――――――――――――――――

▼〈2〉今日の一冊

『〈対話〉のない社会』

中島 義道 著

PHP新書

———————————-

著者 中島義道さんは1946年生まれ。

電気通信大学教授の哲学博士です。

 

教師が語りかけても沈黙を続ける生徒、

街中にあふれる「ああしましょう、

こうしてはいけません」という放送や

看板など日本人が対話を避ける

理由を考察しています。

 

思いやり、やさしさの裏に潜む暴力など

現代日本の精神性を語っています。
●この本を一言でいうと

 

「まとも」です。

 

●おすすめのポイント

 

利休が子に命じた掃除の話が紹介されています。

全て綺麗にした庭に枝を揺らし葉を落とす。

 

秀吉に百輪の朝顔が見たいと言われた利休が

朝顔の花を全部切り落としてしまう話などを例に

言語の裏を読む社会性は目の前に有る

現象の軽視であると説いています。

日本人好みの逸話、伝説、武勇伝には

有りがちなお話です。

 

ある新聞に東海道線のアナウンスに

ついて投稿した心優しい老婦人の

やさしさの裏に潜む暴力とはどういう事なのか。

普段、思いつかないような斬新な視点を

与えてくれる刺激的な一冊です。

ぜひ読んでください。

―――――――――――――――――

▼〈2〉編集後記

―――――――――――――――――

今日もありがとうございます。

森澤勇司です。

 

聞いていると良い話なのになんとなく

スッキリしない感じという感覚を

持ったことはないでしょうか。

席を譲ったとか、荷物を持ってあげたなど

もその一種かもしれません。

 

「勝手にしろ」というと「してはいけない」

「キライ」というと「好き」だったり

 

言葉の裏を読む会話は確かに

目の前にある言語の軽視という物の見方も

出来るのですね。

 

全く考えたことが有りませんでした。

 

ディベートや会話とは違い

対話とは格闘技であると著者は語っています。

肯定、否定の言葉は人を活かしたり殺したり

することが有ります。

 

それに対して言葉は無力だという意見もあります。

さてさて言葉の定義もしなければ

話がかみ合わなくなっていきますね。

 

「あなたにとって対話とは?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される