【読書の方法】吉本隆明 著

読書の方法―なにを、どう読むか/吉本 隆明
¥1,680
Amazon.co.jp

□□□□□□□□□□□□□□□□□ 
毎日1分!朝活読書。

vol.269  2011年6月10日配信

『読書の方法』

吉本 隆明 著

光文社


□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼「国語の教科書覚えてますか?」

「およそ国語の教科書などまともに開いたことがなくても、
何不自由なく自在に話し言葉をあやつって、
実生活をかいたくする道を開いたのか、
そのときのクラスの餓鬼どもの風貌のひとつひとつと
照らしあわせて、たどって見られたらどんなに興味深いか、
そんな空想をして見たくなる。そしてこの空想の中には、
国語の教科書の宿命もまた含まれている気がする。」

小説家:吉本隆明
(1924~)

▼また昨日に引き続き読書法の本です。
この本にも膨大な量の書籍の紹介があります。

書評、対談、エッセイと様々な形で本にまつわる
話がつまっった一冊です。

村上春樹、永井荷風の小説の風の違いを
はじめとして夏目漱石、芥川龍之介、太宰治を
始めとする文豪の作品についての考察が全編に
詰まっているので本をよくよく方や
自分の感想と対比させたい方には
最適の内容です。

世阿弥「風姿花伝」「毛利元就書状」など
古典も含む幅広い書評は並べてみると
鬼気迫るものを感じます。

_____
▼編集後記

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

やさしい(あたりのやわらかい)文章なんですが、
短文の書評は鋭いというか、包丁セットのような
まとまってみるとちょっと身構えてしまうような
そんな感じがしました。

一つだけ見ているとそんな感じは
ないと思うのですが不思議ですね。

ベストセラー本はどんなに欠点があっても、
少なくとも一つは大切な良さを持たなければ
ベストセラーにはならない。

この大切な良さは多数の読者に共通した良さだと
語られています。

暫くベストセラーだけ読んでみたら
発見できるかもしれませんね。

この本の中ほどに
国語の教科書という章があります。

国語の本の使い方について語られていますが、
「私は何が言いたいのか」
という一文から複雑な教科書に対する複雑な
思いを感じます。

教科書の影響力ってどのくらいあるんでしょうね。

「国語の教科書覚えてますか?」

今号はいかがでしたか?
おもしろかった。役に立ったと思った方は
是非ワンクリックお願いいたします。

▼http://clap.mag2.com/slourougug

【毎日1分!朝活読書。】

http://nohgaku.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される