【知っておきたい般若心経】瓜生 中 著

□□□□□□□□□□□□□□□□□

毎日1分!朝活読書。

vol.274  2011年6月15日配信

『知っておきたい般若心経』

瓜生 中 著
□□□□□□□□□□□□□□□□□

「羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦

菩堤薩婆訶 般若心経」

 

▼「そんな経験ありますか?」

「般若心経」という名前は知らない

人がいないだろうと思うほど

有名なお経です。

 

262文字の中に多くのものが詰まっていると

言われていますが、内容はよくわからない

という方も多いのではないでしょうか。

西遊記で有名な玄奘三蔵がお守りとして

唱えたのもこの経だという解説が有りました。

般若心経の事を知りたい方には

よい手引きになると思います。

 

字が読めない人が多かった江戸時代の

絵文字の般若心経も1部分紹介されています。

般若心経の概要もコンパクトに説明されているので

漢字ばかりのものに抵抗のある方も

入りやすい内容になっています。

様々な片づけ術やコミュニケーションの方法なども

仏教思想が色濃く反映されているということも

確認することが出来ます。

 

どんな事が説かれているのか?

なぜこの経だけがこんなに人気があるのか?

奥深さの一端を知ってみると

日常の景色が変わってきます。

ぜひ読んでください。

_____

▼編集後記

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今日もありがとうございます。

森澤勇司です。

変身モノのアニメや魔法使いの出てくるお話に

呪文がよく登場します。
「マハリクマハリタ・・・」「スーパーカリギュラ・・」

「テクマクマヤコン」

(↑みんなちょっと古いですね。)

根拠のあるものなのかどうかは知りませんが

レインボーマンという実写の変身モノの

テレビ番組が有りました。

「インドの山奥で 修行して~」

という主題歌の替え歌がはやったこともありました。
このレインボーマンが変身するときに

「アノクタラサンミャクサンボダイ」

といって月火水木金土日のどれかに変身します。

変身する姿が7種類あるわけです。

中学生のころだったか般若心経を

始めてみたとき

「阿耨多羅三藐三菩提」

という字を見たとき「ほんとにある!!」

妙に感動したものでした。

架空のものだと思っていたことが、

実際に有ると知ったときってどんな感じがしますか?

 

「そんな経験ありますか?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される