【妻が夫に書かせる遺言状】戸田 智弘 著

妻が夫に書かせる遺言状―さもないと妻には何も残りません/戸田 智弘
¥1,575
Amazon.co.jp

□□□□□□□□□□□□□□□□□ 
毎日1分!朝活読書。

vol.278  2011年6月19日配信

『妻が夫に書かせる遺言状』

戸田 智弘 著

主婦の友社


□□□□□□□□□□□□□□□□□

「夫婦間の相続問題は、夫ではなく、妻にとっていかに
切実で重要であるかがおわかりになるでしょう」

ルポライター:戸田智弘

▼「遺言を考えたことありますか?」

親子間の相続問題はよく話題にもなりますし、
身近にもよくあることです。

ですが夫婦間というのはどうでしょうか。
夫婦の年齢差、平均寿命などを考えると
夫の死後、妻は10年は一人で生活することに
なるそうです。

それにもかかわらず妻名義の資産は約3割という
調査結果が提示されています。

子どものいない妻
子どもがいる場合
後妻、嫁
内縁の妻など

様々な場合に夫の遺言状が無いとどうなるかが
解説されています。

また相続税対策や相談窓口、
遺言状のテンプレートも添付されています。

予期せぬことは予期していないとおこります。

自分の愛する人が自分がいなくなった後に
どうなるかということを知るためにも
夫も読んで損はありません。

なにかあってからではもう何もできません。

ぜひ読んでください。
_____
▼編集後記
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

おすすめはしているものの
自分で遺言状を書くというのは
なかなかできないものですよね。

よく読んでみると大げさな財産を
もっていなくても事後処理の方法や
連絡する先などはある程度、
家庭内で話し合っておいた方が
良いと思います。

自分で考える適正なタイミングは
結婚何年目という節目でなく
結婚した時ではないかと思います。

婚姻届を出した段階で双方に
なにかあった場合も含めて考えておく
というのは必要な事だと思います。

相手が病気になって弱っているとき
ではなく元気なときに考えて
置けば健全な判断ができてよいと思います。

「遺言を考えたことありますか?」

こちらからも一言送ることができます。

【毎日1分!朝活読書。】

http://nohgaku.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される