【作者の図像学】ジャン・リュック・ナンシー 、フェデリコ・フェラーリ 著

□□□□□□□□□□□□□□□□□ 
毎日1分!朝活読書。

vol.282  2011年6月23日配信

『作者の図像学』

ジャン・リュック・ナンシー
フェデリコ・フェラーリ 著

ちくま学芸文庫


□□□□□□□□□□□□□□□□□

「彼は書いているのだが、
 素描をしているのでも
 絵を書いているのでもない。
 日本人は二つのことを、
 あるいは三つのことをいっしょにする。」

本文より 

▼「作品とは何か?」

いろいろな場所にある肖像画や胸像。
それらは何を見ているのかという視点から
20の絵画や写真について考察した一冊です。

レンブラント「ホメロスの胸像を凝視するアリストテレス」
フェルメール「デルフトの眺望」を始め
名前のついてない人物写真などに何を見て
本人から離れてしまった肖像とは誰なのかを
語っています。

興味深かったのは川端康成さんの筆で文字を
書いている写真についてのコメントです。

フランス人から見ると不思議な光景のようです。
絵を書いているのでもなく、文字をかいているのに
物語を書いているわけではないとコメントしています。

また著者は「演劇」と「詩」は声を必要とする作品、
「詩」は好んで書にされる事を好む点が「小説」とは違うと
考察しています。

また「カーソル」と名づけられたものを、
記号でもなく、意味でもなく、
呼びかけ、衝動、脈動と解釈している
点は興味深いところです。

普段考えていないようなことを
指摘されて見たい方に特におすすめです。

全く関係なさそうな話題から問題のツボを
発見できることが有ると思います。

ぜひ読んでください。
_____
▼編集後記
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

作品というのはあまり意識していませんが、
それぞれ求められている物が違いますよね。

小説なら紙で読んでも、画面で読んでも
ゴシック体にしても、明朝体でも
作品として成立します。
(表紙も含めたデザインとなると話はべつですが)

「書」は書かれた内容もさることながら
とうぜん書体や墨のカタチなどデザイン面も
評価の対象で書く文字の選択はあまり重視
されてはいないようです。

「水墨画」と「書」は同じではないですが、
評価のポイントは近いところがあるような気がします。

「音楽」はカタチに残らないと言いながら
CDやビデオで繰り返し鑑賞できるところは
「絵画」と変わるところはありません。

これは「演劇」も同じです。

書が演劇と同じ評価基準だったら
人前で書くというパフォーマンスを
常に要求されるでしょうがそんなことはありませんし
小説ならこんなパフォーマンスは、ほとんど
求められることがなく「残像」が作品として
生きてきます。

さて「能楽」を作品として評価するポイントは
どこにあるのでしょうか。

「作品とはどういうものなのでしょうか?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される