【ピアノと平均律の謎】アニタ・T・サリヴァン 著

□□□□□□□□□□□□□□□□□ 
毎日1分!朝活読書。

vol.283  2011年6月24日配信

『ピアノと平均律の謎』

アニタ・T・サリヴァン 著

白揚社


□□□□□□□□□□□□□□□□□

「平均律で過去百五十年調律されてきた
私たちのピアノに、果たしてハーモニーは
あるのだろうか?あるとは断言できない。
私たちは妥協したのである。」

調律師:アニタ・サリヴァン(1942~)

▼「調律ができたとは?」

「私たちは好んで平均律を選び取ったわけだが、
そのさいやむなく捨て去ってしまったものを
取り戻すことができたとしたら、果たしてそれは
何なのだろうか?平均律に不満を感じる権利が、
私たちにあるのだろうか?」

ピアノ調律は哲学だと著者は語っています。
考えてみればチューナーで合わせるだけの
チューニングなら自転車のサドルの高さを
あわせる程度の難易度です。

どのくらい音の高さを”加減して”外してゆくか
に深い考えが盛り込まれています。

章立ても「1度音程」「2度音程」というように
「9度音程」までそれぞれの考え方を語っています。

この本に興味がわいたのは
調律ということへの興味と
本文冒頭に日本の昔話に出てくる
龍の7番目の子どもに
ピアノ調律を例えていることからです。

龍生九子の事を書いた
「南総里見八犬伝」の事らしいのですが
著者の自宅にも「The Sevens Doragon:Piano Tuning」
という看板が掛けられているほど思い入れがあるようです。

日本の物語への興味が、全く関係のなさそうな
ピアノ調律の本の理念から引き出されるというのは
面白いですね。

ぜひ読んでください。
_____
▼編集後記
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

ピアノの調律の本を読んでみると
千利休の掃除の話を思い出しました。

落ち葉を綺麗に掃除した弟子に
まだ出来ていないと言って
気を揺らし葉を落とした。

という話です。

調律が哲学だとすると同じ考えの
行為のように感じました。

このさじ加減が人の心を動かすのですね。

音に関しては専門的に勉強しないと見えにくい
所かもしれませんが、葉っぱなら「あと1枚」
多い少ないで面白さの変わる微妙な
感覚なんでしょうね。

「調律が出来ているとはどんな状態でしょうか?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される