【ナイーヴな世界へ】広渡 常敏 著

□□□□□□□□□□□□□□□□□

毎日1分!朝活読書。

vol.291  2011年7月2日配信

『ナイーヴな世界へ』

広渡 常敏 著

影書房

□□□□□□□□□□□□□□□□□

「セリフとセリフの間合いを俳優がなにかのことばで

補填すると、戯曲の空間が消えてしまう。

演劇が演劇ではなくなる。」
本文より
▼「わかるとは?」

練馬区に本拠地のある劇団アンサンブルの主宰者

広渡常敏さんの著作です。
「ブレヒトの芝居小屋」を中心として

独創的な演劇を作り続けています。

読書にも通じる内容のものが多いので

読んでみました。
「ここに一冊の本が有る。

それをぼくが読まなければ、

この本は一つの物体だ。」

演劇を作る側の読書に対する考え方も

多数語られています。
読んで理解した訳者は、観客に

物語を説明をしていまうそうです。
「わかりやすい芝居をする安易で

平板な俳優がそこにいるだけだ。」
演劇や本がわかるとは

どういうことなのでしょうか。
ぜひ読んでください。

_____

▼編集後記

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

読者がなにかの言葉を補填したり

嵌めこんだりして行間を読むのは

読むことにはならないと著者は語っています。

つまり行間を読むとは読者が

書いていない言葉を補填することではなく

なぜそこに、ことばが書かれていないのか

ということに疑問を持つという読み方も

あるようです。
古典作品も「わかる」「わからない」という

ようにいう人がいます。

受験用の国語のテストなら

「わかる」「わからない」は

ハッキリしていることですが、

文学作品、演劇の「わかる」というのは

それとは違いますね。
「わかるってどんなことでしょうか?」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される