【東京に原発を!】広瀬 隆 著

□□□□□□□□□□□□□□□□□
毎日1分!朝活読書。

vol.304  2011年7月15日配信

『東京に原発を!』

広瀬 隆 著

JICC出版局

□□□□□□□□□□□□□□□□□

『原子炉は、ある年月使用すると、老朽化して
使えなくなる。その寿命は50年とも言われていたが、
実際に使ってみると、30年ではないか、
と危ぶまれるようになり、現在では20年が
定説になっている。』

本文より

▼「書いてある通りの行政の動き?」

1980年に発行された本です。

30年前の日本における原発の実体と
東京に原発を建設するとどうなるかということを
シュミレーションした一冊です。

シュミレーションと言っても荒唐無稽な
理想論ではなく当時の補償金や税金、
処理問題を掘り下げて研究した内容になっています。

原子炉のエネルギーの20パーセントしか使われず
あとの80パーセントは持て余して
冷却するだけになっている実状や
実際に処理しきれない問題、直径4メートルの
燃料棒が3㎜間隔で並んでいて接触事故の
起きやすい構造なども詳しく解説されています。

またこの本で驚くのは
もし原発事故が起こった際の
原発内部、行政、住民などが
時間経過でどう動いてゆくのかという
図解です。

まるで今回の報道かとおもうほど
そのままの流れで動いていることがわかります。

この本では東海村で原発事故が
起こった際という設定になっていますが、
大量の放射能雲(色もなく目に見えない)
が発生したのち異常事態が発表された後の
ながれは予言書と思うほどリアルです。

また処理に関しては時間だけでも
100年200年で処理できるものでないという
エネルギーの強さも丁寧に解説されています。

30年前にどういう指摘がなされ
現実にどういうことが起こったのか
知るためには最適な書物です。

また現実的に事故が起こった際、
防止する手立てが用意されていない
ということも確認できます。

当時(1980年)の額で110億円の
補償金が支払われた宮城県女川町の町長が
満面の笑顔で挨拶している報道写真も
紹介されています。

ぜひ読んでください。
_____
▼編集後記
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

この本で原子炉は「トイレのないマンション」
と表現されています。

また2000年までに85基増設
2010年までに85基がダメになるという
寿命の指摘もされています。
2010年を過ぎたいまの現状と照らしあわせて
みると30年後どうなるのか少し見えてくるような
きがします。

「書いてある通りの行政の動きでも想定外?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される