【レモンをお金にかえる法】ルイズ・アームストロング 著

□□□□□□□□□□□□□□□□□

毎日1分!朝活読書。

vol.306  2011年7月17日配信

『レモンをお金にかえる法』

ルイズ・アームストロング 著

佐和隆光 訳

河出書房新書

□□□□□□□□□□□□□□□□□

『経済学の用語と理論を子どもたちに

正確に教えようというのが、この絵本の

ねらいなのですが、日本のお父さんや

お母さんの多くは、子どもに経済学を

教えるなんてとんでもないと

思われるかもしれません。』

解説より
▼「説明することができますか?」

主人公の女の子が台所の

冷蔵庫から取り出したレモンでレモネードを

作って売り始めるお話をもとに経済の

仕組みを解説した絵本です。
絵本を読みながら経済用語や仕組みに

興味が持てるようなつくりになっています。

原料、価格、消費者、製品などから始まり

労働争議、資産、流動化、利益という

経済用語はそのままに絵本に仕立ててあります。

インフレ、不況などを扱った

続編もあります。

ぜひ読んでください。

_____

▼編集後記

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今日もありがとうございます。

森澤勇司です。
児童書や絵本は書店でも図書館でも

区画が分かれているのが普通です。
あえて行ってみないと何が置いてあるかは

わからない場合がほとんどです。
ところが、いったん踏み込んでしまうと

大人の本より噛み砕いて平易な表現が

してあるのでどんどん読めるので

非常に面白さを感じます。
人気のある絵本は、楽しいだけでなく

内容も深いものが多く、色々な事に

深く興味を持つことが出来そうです。
子どものときにそのままにしてしまった

「なぜ?」という疑問を見つけたときの

感動は、それだけで脳へのご褒美になります。
さらに難しそうな言葉を人に伝わるよう

説明する際には児童書を探す

というのは選択肢の一つとして

よさそうです。

 

「説明することができますか?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される