知ると楽しい能楽の世界

  1. 日々是好日
  2. 0 view

革の補修

森澤勇司です。

小鼓の革は、

100年以上の間

使うので小さな破損は

補修しながら使います。

 

漆を扱うこともあります。

その際に気をつけることは

本物の漆を使うことです。

現在は漆といっても

代用品のカシュー塗料が

使われることが多いです。

 

このカシューを使った後に

天然の漆を塗ると

泡を吹いて

汚くなってしまいます。

 

そうなると

再度、修繕するときは

総直しです。

 

本物と代用品は融合しないものです。

 

最後まで読んでいただき有難うございました。

 

The following two tabs change content below.

森澤勇司

重要無形文化財能楽保持者 20歳から能楽界に入る 43歳で脳梗塞の後 リハビリのため記憶の仕組み、心理学を学び復活 47歳で重要無形文化財「能楽」保持者に選出される。

最新記事 by 森澤勇司 (全て見る)

日々是好日の最近記事

  1. 音を安定させたいとき

  2. モノで変わる人の心

  3. 空気を読みたいとき【玉鬘】

  4. また次回?【鞍馬天狗】

  5. 回転するものは

関連記事