革の補修

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

森澤勇司です。

小鼓の革は、

100年以上の間

使うので小さな破損は

補修しながら使います。

 

漆を扱うこともあります。

その際に気をつけることは

本物の漆を使うことです。

現在は漆といっても

代用品のカシュー塗料が

使われることが多いです。

 

このカシューを使った後に

天然の漆を塗ると

泡を吹いて

汚くなってしまいます。

 

そうなると

再度、修繕するときは

総直しです。

 

本物と代用品は融合しないものです。

 

最後まで読んでいただき有難うございました。

 

コメントは利用できません。

LINE@

友だち追加

「風姿花伝」の教え

おすすめ

ページ上部へ戻る