六韜、竜韜、第二十九、兵徴

戦いの途中で勝敗の前兆を知る方法とは

精神面に現れる徴候を明将はいち早く察知する

注意深く敵陣を観察すると人から見えるものがある

①敵陣の人の出入り
②進退を観察する
③動静、言語、吉兆の前兆
④兵士の話

軍が強い場合

①全軍が喜び勇んでいる
②士卒が軍法を大切にしている
③将軍の命令を重んじている
④敵を破ることを喜び合っている
⑤勇猛、功名談に興じている
⑥ひたすら武威を上げることを名誉としている

環境

①全軍に秩序がある
②陣形が堅固
③堀は深く城壁は高い
④大風雨が有利に働いている
⑤軍中に事故がない
⑥軍機は前に向かってはためく
⑦鐘の音が済んでいる
⑧太鼓の音がよどみなく響く

以上が天佑神助を得る印になる

軍が弱い場合の人

①頻繁に驚き騒いでいる
②兵士の心が一致していない
③敵の強いことを恐れている
④味方の不利におしゃべりが多い
⑤不吉な流言が多い
⑥疑心暗鬼
⑦軍法を恐れていない
⑧指揮官を軽んじている

環境

①隊列、陣勢が堅固ではない
②軍旗は乱れもつれ合っている
③大風雨が不利に働いている
④兵士が恐れている
⑤気力がなく息切れしている
⑥軍馬は驚き駆け出すことがある
⑦戦車は車輪が折れている
⑧鐘の音が濁っている
⑨太鼓の音は湿ってよく響かない

以上が大敗の前兆になる

城の気の流れ

城を攻め包囲したときの城の気相

①火の消えた灰のような感じのとき
→陥落させることができる

②北に流れていたら
→攻め勝つことができる

③西に流れていたら
→城を降ろすことができる

④南に向かっていたら
→攻め落とすことはできない

⑤東に流れていたら
→攻めてはいけない

⑥たつ気がでて再び入るような流れの時
→城主が必ず逃亡する

⑦城の上に立つ気が味方の軍を覆うような時
→軍中に病人が出る

⑧城の上に立つ気が高く登り続けている時
→戦いは長引く

⑨十日過ぎても雷もならず雨もふらない時
→速やかに撤退する→その城には援軍か天佑神助がある

以上が攻める機微を知って攻め、攻めるべきでない場合を知って中止する実例になる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される