言葉の重みとは【花筐】

おはようございます!
能楽師 森澤 勇司です。

心にしみる能の言葉を
厳選してお届けします。

「恋しき人の手慣れし物を、形見と名づけ初めし事、この時よりぞ始まりける」花筺より

照日の前という女性が
大切に持っていた花かごは

継体天皇より賜った
花筐(はながたみ)でした。

恋しいい人の持ち物の代名詞が「かたみ」と
言われるようになった伝説を能「花筐」は伝えています。

今は形見というと遺品のようですが、
能ができた時代は
生きている人でも会えなくなってしまった
恋しい人の持ち物を形見と言います。

一つの言葉ができた背景を知ることで

◆一言の重みが変わります。

本日も素晴らしい1日をお過ごしください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される