45沢地萃

萃、亨。王假有廟。利見大人亨。利貞用大牲吉。利有攸往。

彖曰、萃、聚也。順以説剛中而應、故聚也。王假有廟、致孝享也。利見大人亨、聚以正也。用大牲吉、利有攸往、順天命也。觀其所聚而天地萬物之情可見矣

象曰、澤上於地、萃。君子以除戎器戒不虞

萃(すい)は亨(とお)る。王(おう)有廟(ゆうびょう)に仮(いあ)る。大人(たいじん)を見るに利(よ)ろし。亨(とお)る。貞しきに利ろし。大牲 (たいせい)を用いて吉(きつ)。往(ゆ)くところあるに利(よ)ろし。

彖(たん)に曰く、萃(すい)は、聚(しゅう)なり。順(じゅん)にしてもって説(よろこ)び、剛(ごう)中にして応ず、故に聚(あつ)まるなり。王(おう)有廟(ゆうびょう)に仮(いあ)るは、孝享(こうきょう)を致すなり。大人(たいじん)を見るに利(よ)ろし、亨(とお)るとは、聚(あつ)むるに正をもってすればなり。大牲(たいせい)を用うるに吉(きつ)、往(ゆ)くところあるに利(よ)ろしとは、天命に順(したが)うなり。その聚(あつ)まるところを観て、天地萬物の情を見るべし。

象に曰く、沢の地に上るは萃(すい)なり。君子もって戎器(じゅうき)を除(おさ)め、不虞(ふぐ)を戒(いまし)む。

初六、有孚不終。乃亂乃萃。若號、一握爲笑。勿恤往、无咎。

象曰、乃亂乃萃、其志亂也

六二引吉、无咎。孚乃利用(示|龠)。

象曰、引吉无咎、中未變也

六三、萃如嗟如。无攸利。往无咎。小吝。

象曰、往无咎、上巽也

九四、大吉、无咎。

象曰、大吉无咎、位不當也

九五、萃有位。无咎。匪孚、元永貞悔亡。

象曰、萃有位、志未光也

上六、齎咨涕洟无咎。

象曰、齎咨涕洟未安上也

初六(しょりく)。孚(まこと)あるも終らず。すなわち乱れすなわち萃(あつ)まる。もし号(さけ)べば一握(いちあく)して笑いを為さん。恤(うれ)うるなかれ。往けば咎なし。

象曰、すなわち乱れすなわち萃(あつ)まるとは、その志の乱(みだ)るるなり。

六二(りくじ)。引けば吉(きつ)にして、咎なし。孚(まこと)あればすなわち(示|龠(やく)を用うるに利(よ)ろし。

象に曰く、引けば吉(きつ)にして咎なしとは、中(ちゅう)いまだ変(へん)ぜざればなり。

六三(りくさん)。萃如(すいじょ)たり、嗟如(さじょ)たり。利(よ)しきところなし。往けば咎なけれど少(すこ)しく吝なり。

象に曰く、往けば咎なしとは、上(かみ)、巽(したが)えばなり。

六四(りくし)。大吉(きつ)にして、咎なし。

象に曰く、大吉(きつ)にして、咎なしとは、位(くらい)当たらざればなり。

九五(きゅうご)。萃(あつ)めて位(くらい)を有(たも)つ。咎なし。孚(まこと)とせらるることあらざるも、元永貞(げんえいてい)なれば、悔(くい)亡ぶ。

象に曰く、萃(あつ)めて位(くらい)を有(たも)つとも、志いまだ光(おお)いならざるなり。

上六(じょうりく)。齎咨(せいし)、涕洟(ていい)す。咎なし。

象に曰く、齎咨(せいし)、涕洟(ていい)すとは、いまだ上に安(やす)んぜざるなり。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される